攻撃を受ける度に手札が強くなる!?ちょっと変わった攻撃が面白いカードゲーム「アブルクセン」

今回はちょっと変わった攻撃条件が面白いカードゲーム「アブルクセン」を紹介します。

pic1

人数   :2~5人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆ ☆

どんなゲーム?

手札からカードを捨てていく云わば大富豪的ゲーム。
カードの出し方によっては相手を攻撃することができ、相手が捨てたカードをもらって強くしたり、相手を妨害することができる。

これがゲームで使うカード。
pic1
カードは1~13までが8枚ずつと、Xが5枚。
右下のカードはスタートプレイヤーマーカーです。

カードに色がありますが、数字によって色分けがされているだけなので、ゲーム上関係はありません。

ルール

全員にカードを13枚ずつ配ります。
pic1
基本的には数字がでかい、またはそろっている方が強いので、今回は悪くない感じ。
(大富豪をイメージすると分かりやすいかも)

残ったカードは山札にして中央に置いて、6枚だけめくって並べておきます。
pic1

適当な方法でスタートプレイヤーを決めてゲーム開始。
pic1
スタートプレイヤーの前にスタートプレイヤーカードを置いておきます。

手番では手札からカードを自分の前に置きます。
このとき同じ数字なら何枚でも出すことができます。
pic1
基本的に手札を減らした方が得点が高いので、3枚出せる2を出すことにしましょう(ホントはとっておいた方がいい場合が多いですが)。
カードを1セット出したら手番終了。時計回りで手番が移ります。

2週目以降は前に出したセットの上に重ねて置きます。
pic1
あとはこれを繰り返して手札を減らしていきます。

もちろんこのままではただカードを出すだけのゲームになるのですが、
実はカードを出すときに相手を攻撃することができます。

自分が出したカードが誰かの最後に出したカードと比べて
・同じ枚数かつ
・より大きい数字である
ときに、そのカードを攻撃することができます。

自分の1番上にあるセットが4のカード2枚で
pic1
相手に8のカード2枚出されると自分が攻撃対象になります。
※相手のカードが4以下の数だったり、2枚以外の場合は攻撃対象になりません。
※攻撃を受けるのは最後に出した(1番上に置いてある)カードだけです。2のカード3枚は攻撃されません。

攻撃が成立すると攻撃した側が、攻撃をしたカードをもらうかもらわないかを選びます。

■攻撃した側がもらうを選んだ場合
攻撃した側は攻撃したカード(今回は4のカード2枚)を手札に加えます。
攻撃を受けた側は中央からの補充処理(後述)を行います。

■攻撃をした側がもらわないを選んだ場合
攻撃をした側は何もしません。
攻撃を受けた側は攻撃を受けたカードを手札に戻すか、そのカードを捨て札にして補充処理を行います。

中央からの補充処理ですが、攻撃を受けたカードの枚数(今回は2枚)だけ中央から補充します。
補充するカードは表になっているカードか山札の1番上のカード。

例えば、今回は手札に12があるので
pic1
1枚目に12を選びます。

場のカードが減ったので補充。
pic1
あともう1枚補充しなければならないのですが、欲しいカードがないので山札の上から補充。
pic1
こういった具合です。

攻撃を受けている限り手札が減らないですが、攻撃を受ける度に手札は強くなっていきます。

Xはワイルドカードなのでどの数字としても使えます。
pic1
また単独で使うこともでき、この時は最大の数字(13より大きい)という扱いになります。

なので
pic1
Xだけで使って、攻撃を守ることもできます。

誰かの手札がなくなるか、山札かなくなったら終了。
得点は場に出したカードの枚数から手札の枚数を引いたものになります。
数字は関係ありません。

例えばこんな感じなら
pic1
点数は6点になります。

この得点計算もポイントで、必ずしも手札を全部出した人が最高点にならないようにできています。

同じ数字は1度に出せるので、一見無意味に感じる「相手のカードを取る」ことによって得点を高くすることができます。

ですが、たくさん取っても出せないとマイナスになるので、誰かがあがりそうかをしっかり見極めましょう。

1ゲーム終わったらスタートプレイヤーカードを左に回し、次のゲームへ。
あらかじめ決められた回数ゲームをして(3回だったかな)合計の点数が高い人が勝利です。


ここからは攻撃の注意点。
○攻撃は条件を満たす限り必ず行わなければなりません。
相手に取らせたくないカードが中央にあるときは、わざと攻撃しない出し方をする必要があります。
○攻撃対象が複数いる場合は、それぞれに対してもらうかもらわないかを選べます。
その後手番プレイヤーから時計回りに補充処理を行います。

感想

ルールがシンプルでありながら、戦略や悩み所のあるゲーム。
単純に出すだけのように見えますが、
補充でどのカードを取るのか、出したいカードを出さずあえて攻撃するか、相手があがりそうかどうか、
と結構考えるところがあり、やり込んでも楽しめる作品になっています。

ゲーム数を変えることで時間調整ができるのもいいところ。

Xのカードがちょっと強いので「Xのカードを出せなかったら-3点」とかでもいいんじゃないかなぁと思いますが、
点数計算の分かりやすさ(手札の中身を見ずに点数が分かる)もこのゲームのいいところなので、特に問題はないです。


大人から子どもまで楽しめるゲームになっているので、1つ持っていて損はないゲームだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする