並べて回して破壊する!独特な処理と効果が面白いカード配置ゲーム「アーキテクチュラ」

今回はカードを回転させて得点を上げてたり下げする「価値の比較」が面白いカードゲーム「アーキテクチュラ」をご紹介します。

アーキテクチュラの箱
人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重 
ルール難度: やや易  やや難 
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆ ☆

どんなゲーム?

上下左右4方向に数字が書かれているカードを配置して得点を競うゲーム。

カードを配置するときにその数値を比較して、すぐ左に配置しているカードを回して点数を低くしたり高くしたりときには破壊をすることができます。

さらにカードにはそれぞれ配置するときに発動する特殊効果があって、カードを回転させたり移動させたりできます。

きれいなイラストとインタラクション強めの効果が面白いカード配置ゲームです。

ルール

1~8の数字が書かれた「街区カード」を中央に並べます。

アーキテクチュラの街区カード

この縦の列を「街区」と呼びます。1番街から8番街まであります。

これで中央の準備は完了です。ここにカードを並べていきます。
ちなみに置くことのできる段数はプレイヤー数に等しく、街区に対して「ストリート」と言います。

並べる建物カードは1人12枚。

アーキテクチュラの建物カード

初級ルールでは全員同じ構成です。

拡大するとこんな感じ。

アーキテクチュラの学校

周りの数字はこの建物の価値を表していて、向きによってその値が変わります。この状態だと6です。

これを各自シャッフルして3枚曳き、残りは裏向きで山札として手元に置きます。

アーキテクチュラの手札

庇護マーカー(ひごと読みます)を2つ受け取り準備完了。

アーキテクチュラの庇護マーカー

適当に準備を決めてゲーム開始。

手番では手札からカードを1枚選び

アーキテクチュラカード配置

街に配置します。そして上限(基本3枚)までカードを補充して手番終了です。

このときカードは向きは通常の向き(文字が読める向き)で置きます。

置ける場所の条件は3つあって、1つは上のような「カードのない1番街の1番上のストリート」。

そして2つめは既に建物のある場所のすぐ右隣。

アーキテクチュラ価値の比較

次の手番の人はこんな感じで置くことができます。

そして最後が破壊された建物の上です。

アーキテクチュラ価値の比較

破壊されるとカードを裏向きになるので、その上に重ねて置くことができます。
先ほどの建物の右という条件は破壊された建物も含むので、破壊された建物の右に置くことも(空いていれば)できます。

この3つの条件のどれかを満たせば置くことができるので、例えば上の状態のとき

アーキテクチュラ配置場所

カードを置けるのはチップの置いてある3箇所になります。

※基本的には上記条件を満たせば置けるのですが、3~4人プレイのときは「同じストリートに連続して3つ並べられない」というルールがあります。

アーキテクチュラ3連続

もし置ける場所がないまたはカードがない場合はパスで、全員がパスするまで繰り返します。

最後に街にある建物の価値がを合計して高い人が勝利します。

このままだとただ並べていくだけですが、ここからがこのゲームの面白いところ。
カードを手札から配置したときに「価値の比較」が発生します。

配置したカードが左となりのカードの価値を上回っている場合、

アーキテクチュラ価値の比較

左のカードを価値を下げる方向に90度回転させます。

アーキテクチュラ価値の比較

価値が1番低い場合は回転させません。

逆に配置したカードの価値が左のカードより低い場合は、

アーキテクチュラ価値の比較

左のカードを価値が上がる方に60度回転させます。

アーキテクチュラ価値の比較

こちらも1番大きいときは回転させません。

そして、価値が倍以上大きい場合は、

アーキテクチュラ価値の比較

左の建物を破壊します。

アーキテクチュラ建物の破壊

この「価値の比較」を上手く使っていき、自分の建物の価値を上げ、他のプレイヤーの建物の価値を下げ(あるいは破壊)していきます。

さらに、「価値の比較」の後にカードに書かれている効果を適用します。

例えば最初に紹介したの「学校」の効果は「次に配置する街を好きな向きにできる」というもの。
これで一気に価値の高い建物を建てることができます。

他にも、場所を移動したり、もう一度手番を行ったり、破壊された建物を再建したりといろんな効果があります

中には、説明文に三角のマークが書いてあるものがあり、

アーキテクチュラカードテキスト

このカードはゲーム終了時に条件によって得点が加算されます。

また、特殊なカードの効果に「庇護」があります。

初級ルールではカード効果で庇護マーカーを配置することができて、

アーキテクチュラの庇護マーカー

庇護マーカーが置かれた建物は「庇護建物」となり、カード効果や価値の比較を受けなくなります。

アーキテクチュラ庇護建物価値の比較

自分の建物での効果や価値の比較は行うことができるので、庇護建物はかなり強力です。

価値が特殊な建物が2つあって、

アーキテクチュラの特殊な建物

それがこの「=X」と「No」。

「=X」のXはすぐ左隣の建物の価値を指し、「No」はその建物が置かれている街区を指します。

配置している場所によって価値が大きく変わるので、位置を移動させる効果を上手く使っていきたいところ。

最後に。
手札が3枚なので出したいカードがないということもあります。
そんなとき手番開始時に手札を全てシャッフルして山札の下に入れ、

アーキテクチュラ山札シャッフル

引きなおすということができます。

アーキテクチュラ手札引き直し

ただしこれはゲーム中に1回しかできないのでどこで使うかの判断が大事になってきます。

その他細かいルール

細かいルールがあるのでここでまとめておきます。

■カード効果による回転

価値の比較では最大や最小になったカードはそれ以上回転しませんが、カードの効果による回転はどちらの方向にも回すことができます。

■カード効果による移動時の処理

カード効果で移動するときは価値の比較は行わずカードの効果も発動しません。また3つ連続して置けないというルールも適用されません。

■「=X」の価値

「=X」のすぐ左隣のカードがないまたは破壊されている場合は「=X」のXの値は0になります。

■同点の時

建物の点数が同点のプレイヤーがいるときは、建物の数の多いプレイヤーが勝利します。それでも同じ場合はその中で最も低い価値の建物を建てているプレイヤーの勝利です。

上級ルール

アーキテクチュラ上級ルールのカード

上級ルールでは基本のカードに加えて各色に6枚ずつ追加のカードが用意されています。

この追加のカードは各色で全部違うものになっており、色によって少しだけ特色があります。
基本のカード効果もなかなか協力なので、追加のカードもかなり協力で面白い効果が多いです。

手札の上限を増やしたり相手の手札を減らしたり脇に置いて使用したりと本当にいろいろな効果があります。

上級ルールで遊ぶときは、準備の段階で追加カードを何枚入れるかをみんなで決めてそれぞれのプレイヤーがカードを選び公開します。

選んだカードは基本セットにそれと同じ価値の建物がある(ないものは指定されている)のでそのカードと入れ替えて12枚にし、あとは通常通りゲームを始めます。

感想

価値の比較とカード効果によってどのカードをどこに配置するのかがなんとも悩ましいゲーム。ただ手札は3枚なのでそこまで難しくならないようにできています。

基本ルールだと全員使うカードが同じなので読み合いになりそうですが、カード効果が強力なので、どちらかというと派手な展開になりやすいです。
相手の建物を破壊も出来るのでインタラクションの強めのゲームが苦手な人にはあまりお勧めはできないかもしれません。

上級ルールのカードは効果も面白く色によって特色があってどのカードを選ぶかが非常に面白いです。
使う色を変えたり、選ぶカードを変えたりできるので軽くプレイして回数を遊ぶのがいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする