3人ベストゲームと言えばこれ?競り&マジョリティの洗練されたゲーム「ビブリオス」

今回は前後半に分かれた展開が面白い競りゲームの傑作「ビブリオス」をご紹介します。

ビブリオス
人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重 
ルール難度: やや易  やや難 
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

中世の写本家になって名声を獲得するゲーム。

本には5つの分野があってそれぞれの分野のカードを集め価値を競い合います。

ゲームは前半と後半に分かれており、システムが大きく異なります。
前半はカードを取りながら後半の競りの準備、後半は前半で集めたカードで競りを行います。

方針を決めて前半でカードをとっていくのか、はたまた状況が分かってきた後半でとっていくのかが悩ましいゲームです。

ルール

中央にボードを置いて、

ビブリオスボード

5つのサイコロをそれぞれの色の場所に置きます。

ビブリオスサイコロ

最初の値は全部3です。
カードの効果で値は変わりますが、振るということはしません。

次にカードの準備。

カードは3種類あって、まずはお金

ビブリオスお金カード

1~3金の3種類でどれも同じ枚数入っています。もちろん3金が価値が高いです。

次に分野カード。

これはサイコロと同様に5種類あります。

ビブリオス分野カード

カードの左上に書かれている数字は価値を表していて、この数値の合計を競います。
最も数値の合計の高い人が同じ色のサイコロを獲得できます。

数値の構成は2パターンあって、ボードの左2つは4が2枚、3が3枚、2が4枚ですが、
ボードの右3つは

ビブリオス分野カード

2が2枚、1が7枚となっています。

そして3つめのカードはサイコロの目を変える教会カード。

ビブリオス教会カード

ゲットするとサイコロの目を変えることができます。

これらのカードを人数で決まった枚数抜き取りシャッフルして中央に置きます。
カードの構成については箱の蓋の裏に書いてあるので、これを開けておくと良いでしょう。

ビブリオスカード構成

これで準備完了。適当に順番を決めてゲーム開始。

ゲームは前半の寄進フェイズと後半の競りフェイズに分かれます。
まずは寄進フェイズの説明から。

寄進フェイズではプレイヤーは山札からカードを獲得していきます。

手番が来たら山札からカードを1枚引きます。

ビブリオスカードドロー

カードを引いたらそのカードを、自分の手札にするか、競りに出すか、他のプレイヤーに渡すかを選びます。

自分の手札にする場合は自分の手元に裏向きに、競りに出す場合は中央に裏向きに、他のプレイヤーに渡す場合は中央に表向きに置きます。

ビブリオス

これを人数+1回繰り返します。3人プレイだとこんな感じ。

ビブリオス

自分の手札と競りに出すカードは必ず1枚です。

置き終わったら手番プレイヤーの左から順番に1枚ずつ表向きのカードを選んで取っていきます。

ビブリオス

これで手番終了。

1手番で全員の手札と競りに出すカードが必ず1枚(後述のサイコロ操作カードを除く)増えることになります。

ビブリオス

山札がなくなったら寄進フェイズ終了。競りフェイズに入ります。
競りフェイズではその名の通り競りを行います。

寄進フェイズで作った競りのカードの山をシャッフルし最初の手番の人が1枚めくります。

ビブリオス

めくられたカードを競りで獲得します。ここでようやくお金カードを使用します。

めくった人の左のプレイヤーから入札を行います。最小値は1で最初からパスもできます。

順番に値上げかパスを繰り返し、全員がパスをするまで行います。1度パスをするともうそのカードに入札することはできません。

全員がパスをしたら最後に入札をした人がその金額でカードを買います。このときお金カードの組み合わせは好きに決めることができます。

ビブリオス競り

ただ、お釣りはでないので、ちょうど払えない場合は入札額より大きい額を払わなければなりません。

ちょっと面白いのは、実はこの競りではお金を持っていなくても吊り上げを行うことができるのです。

ただしもし落札してお金を払えない場合はペナルティがあって、他のプレイヤーからカードをランダムに1枚ずつ取られ、もう1度同じカードで競りをしますがその競りには参加できません。

ルールとしてできるようにはなっていますが、かなり手痛いペナルティなのでむやみに吊り上げてはいけません。

教会カードが出た場合も同様に競りを行いますが、お金カードが出た場合は少し入札方法が異なります。

ビブリオスお金の競り

お金カードが出た場合は金額ではなくカードの枚数で入札します。落札した人はその枚数分裏向きにカードを捨てます。

これによって要らないカードをお金に変えて次の競りに挑むということができます。

最後に教会カードについて。
教会カードは寄進フェイズ競りフェイズに限らず手札に加えようとしたときに効果が発動します。

ビブリオス

変えられる値は+1か-1のどちらかで、カードに書かれている数(1個か2個)だけサイコロの目を変えます。

ビブリオスサイコロ操作

サイコロが2個書かれているカードで、同じサイコロを2回変えたり、1つのサイコロに1回だけ使うということはできません。

ビブリオス

2つ上げるとこんな感じ。

もちろん自分の点を高く相手の点を低くしていくわけですが、高くすると競争率も上がるのでそれはそれで悩みどころ。

競りの山札がなくなったら競りフェイズ終了で得点計算。

ビブリオス勝負

カードを公開しそれぞれの色で誰が1番価値の合計が高いかを比べます。

同じになった場合はカードに書かれているアルファベットでAに近いカードを持っているプレイヤーの勝ちになります。

ビブリオスサイコロ獲得

価値の合計の大きいプレイヤーがサイコロを獲得します。このときのサイコロの目が得点になります。

ビブリオス結果

合計点の高いプレイヤーの勝利。

同点の場合は残っているお金が多い方、それでも同点の場合はボードの左から順に価値を比べて大きい方が勝ちです。

感想

無駄なルールもなくかといって複雑過ぎない、とにかくルールが洗練されているゲーム。
あいまいになりがちなタイブレイクの方法や値付けの不正のペナルティ等もしっかり決められています。

ゲームの内容としても、前半と後半どちらでとるのか、いくつのサイコロに狙いを定めるのか、教会カードをどのくらい取ってどこにつかうのか、と考えどころが多くゲーマーも楽しめる内容になっています。

逆に、競りもあり他のプレイヤーとの絡みも多い(というかむしろそれしかない)ので、少しゲームに慣れている人でないと感覚はつかみにくいのかもしれません。

いろんなところで言われてることですが、オススメ人数は3人です。3人ベストのゲームと言われてこのゲームをあげる人もいるほど3人ゲームのバランスが素晴らしいです。

とはいえ3人以外でやっても面白いので、軽めでちょっと考えるゲームをやりたいという人にはぜひプレイしてほしいゲームです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする