受け入れる?それとも妨害する?簡単でも奥が深い陣取りゲーム「ブロックス」

今回は簡単なルールで誰でも楽しめるアブストラクトゲーム「ブロックス」を紹介します。

人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重 
ルール難度: やや易  やや難 
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

様々な形のピースをボードに配置していき、たくさん置くことができた人が勝ちというシンプルなアブストラクトゲーム。

これがそのピースです。

透明なプラスチックでできており色も4色あるので、見た目がとても綺麗です。

面白いのは自分のピースを角と角で繋いでいくというルール。辺で接するように置くことはできません。

相手に自分の陣地に来られないように妨害するか、はたまた自分も置きやすいように敢えて相手にも置きやすいようにするか、シンプルなルールなのに奥が深いゲームです。

ルール

ボードを中央に置きます。

プレイヤーは自分の色を決めピースを受けとります。

ピースの構成は全員同じ。

1~3マスのピースが4種類。

4マスのピースが5種類。

5マスのピースが12種類です。

数えてみると分かりますが、1~5マスの全ての形が1つずつあります。

適当にスタートプレイヤーを決めてゲームスタート。

手番が来たら自分のピースを1つ選んでボードに置きます。

最初は自分の前にある角(どの色がどの角かは事前に決める)に置かなければなりません。

1つ置いたら次のプレイヤーに手番を移します。

2つ目以降のピースは既に置いてある自分のピースと角と角が繋がるように置きます。

下のように辺で繋がるように置いてはいけません。

2週するとこんな感じ。

ちなみに2人プレイの場合は1人が2色を担当し、3人プレイの場合は余った色を3人で交互に置いていきます。

序盤は中央に広げていくのが良いので

こんな感じになります。

相手のピースとは辺で接しても大丈夫なので、上手く相手の陣地に侵入して広げていきましょう。

自分のピースを置くことができなくなったらパスをします。

全員がパスをするか置ききったらゲーム終了。置けなかったピースのマスの数が少ない人が勝利です。

上の写真では黄色だけが置ききっているので黄色の勝利。

得点をつける方法もあって、その場合は置けなかったピースのマスの数だけ-1点。全部置けた人に15点が入ります。

今回の場合は、赤:-11点、青:-8点、緑:-4点、黄色+15点となります。

全部置き切ったときに最後に置いたピースが1マスのピースだった場合さらに5点入るというボーナスもあるので、最高20点とることができます。

感想

シンプルなルールでありながらしっかり考えどころもある初心者にも上級者にもオススメなゲーム。

プラスチックのピースをカチッとはめ込む感覚や見た目が綺麗さもポイント高いです。

加えて1手でゲームが終わる展開になりにくいので、アブストラクトゲームに慣れない人でもかなり楽しめるゲームだと思います。

ルールも角と角をつなぐだけと非常にシンプルですがそれが本当に面白くできています。

序盤では想像もつかないところに行くことになったり、適当に置いたピースを相手に上手く使われてしまったりといろんな展開になるので、序盤から終盤まで考えるポイントがあります。

相手の置きやすいように置くことで自分も置きやすくなりますが、自分の陣地が狭くなってしまうので、またそれが悩みどころです。


気軽にわいわい楽しむこともしっかり考えることもできて誰でも楽しめるゲームなので、持っていて損のないゲームだと思います。

もしやるなら3人だと少しバランスが悪くなるので、2人か4人でやるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする