正体を隠したヴァンパイア達の抗争劇!脱落なしで気軽に遊べる正体隠匿ゲーム「ブラッドバウンド」

今回は対象な2チームに分かれて戦う正体隠匿ゲーム「ブラッドバウンド」をご紹介します。

pic1

人数   :6~12人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

2つの陣営に分かれて戦う正体隠匿系のゲーム。
プレイヤーはヴァンパイアとして薔薇もしくは野獣の陣営に属し、自分の陣営が勝利することを目指さします。

左右非対称な一般的な正体隠匿系ゲームとは違い、2つのチームの人数と勝利条件は同じになっています。

これがゲームで使うキャラクター達。
pic1

お互いに9人のキャラクターの中からランダムに選ばれたキャラクターを使います。

勝利条件はの相手のリーダーを倒すこと。
リーダーはチームの中で最小の番号を持つプレイヤーなのですが、キャラクターはランダムに選ばれるため必ずしも1番がリーダーとは限りません。

また、キャラクター毎に特殊能力を持っているので、それをどこで使うかが鍵となってきます。

ルール

人数に合わせてキャラクターカードをランダムに選びます。

チームの人数は同じになるようにするので、8人の場合は各チーム4枚ずつ。
pic1

シャッフルして配ります。
pic1

配られたら自分だけが確認するのですが、ゲームの序盤のヒントになるためのとある儀式を行います。

こんな感じで速見表でキャラクターカードを隠し左隣のプレイヤーに見せます。
pic1

右下だけが欠けているので、右隣のプレイヤーがどちらの陣営に属しているかが分かります。
自分と違う色をしていればとりあえず敵だと思えばいい訳です。
厳密に言うとそうでもないのですが、この説明は後程。

適当にスタートプレイヤーを決めてゲーム開始。

スタートプレイヤーにはこの短剣が渡されます。
pic1
短剣を持っているプレイヤーは誰を攻撃するかを選びます。

攻撃を受けたプレイヤーはダメージを1だけくらい、自分の正体の情報を1つ明かさなければなりません。

各キャラクターごとに持っている情報が違い、
pic1
このキャラクターが持っているのは8と赤と?。
各プレイヤーは数字のトークン(地位トークン)と赤、青または?のトークン(正体トークン)2つを持っていて、これら3つが分かるとキャラクターを特定できるようになっています。

どのトークンを置くかはダメージを受けたプレイヤーが選べます。
pic1
例えば?のトークンが置かれた場合はこのプレイヤーは1、5、6のキャラクターでないことが分かります(1、5、6のキャラクターは?を持たないため)。
こうやって誰がどちらの陣営でどのキャラクターなのかを推理していきます。

攻撃を受けたプレイヤーが短剣を受けとり次の攻撃対象を選びます。
あとはこれの繰り返し。

ちなみに攻撃するだけでなく、誰かに短剣を渡すだけということも可能です。意味が無さそうですが、これにもちゃんと意味があります。
これも解説は後程。

ダメージを食らうのは不利なのですが、短剣で攻撃されて(ここ重要)地位トークン(数字のトークン)を明かしたときだけ、キャラクターの能力を発動することができます。
pic1
キャラクター毎に能力が決まっているので、カードをオープンせずに能力を使用できます。

能力は様々で相手のカードを見たりダメージを与えたりとかなり強力。
この能力をいつ使うかがこのゲームの鍵となってきます。

4回ダメージを受けた人が出たらゲーム終了で、それが相手チームのリーダーであれば、倒した側の勝利。相手チームのリーダー以外を倒してしまったら、倒した側の敗北になります。

チームのリーダーはそのチームでキャラクターの数字が最も小さい人です。
9枚から人数に合わせてランダムに選らばれるので、必ずしも1番がリーダーという訳ではありません。

最後に、
実は攻撃を受けるときに他の人に身代わりになってもらうことができます。
攻撃の対象になったプレイヤーが身代わりの要請をして、他のプレイヤーが身代わりを申し出ればそのプレイヤーが代わりにダメージをくらい、短剣を受けとります。複数人いた場合は身代わりを要請した人が選びます。

自分の陣営のリーダーを倒されてはダメなので、リーダーが攻撃されていると思ったら身代わりを申し出た方がよいかもしれません。

ただ身代わりをしたときは必ず地位トークンを出さないといけないというルールがあります(もちろん能力が発動します)。
そのため、既に地位トークンを置いているプレイヤーは身代わりになることはできません。

キャラクター

ここからは各キャラクターの紹介。
画像は薔薇陣営のカードを載せていますが、野獣陣営の能力も同じです。

■1 エルダー
pic1
能力:羽ペンを持つことができる。

羽ペンを持つとそのチームだけ数字が逆転し最も大きい数字を持つプレイヤーがリーダーになります。
pic1

エルダーは必ずリーダーになるため正体がばれるとまずいのですが、能力を使うことですぐに負けるのを回避することができます。

■2 アサシン
pic1
能力:誰かを2回攻撃しその人に短剣を渡す。

最強の攻撃力を持つキャラクター。
キャラクターの効果によるダメージでは能力を発動出来ないので、1ダメージの人を攻撃して能力を使われずに正体を明かすことも可能。

ただリーダーである可能性も高いので安易に正体を明かすのは危険。

■3 ハーレクイン
pic1
能力:任意の2人のキャラクターカードを見る。

唯一他人のキャラクターを確認できる強キャラ。
それとハーレクインだけとなりに見せる陣営のマークが本来の色とは逆になっています。

そのためわざとハーレクインを語って隣の人をだますなんてこともできます。

■4 アルケミスト
pic1
能力:身代わりの対象となったプレイヤーを1回復させるか、1ダメージ与える。

自分が身代わりになったときにしか発動できないが、短剣をとりつつ相手にダメージを与えたり回復させたりと特殊な動きができるキャラ。

リーダーにギリギリならないくらいの数字なので、ゲームのキーとなるキャラなのかもしれない。

■5 メンタリスト
pic1
能力:誰かに1ダメージ与える。そのプレイヤーは地位トークンを出さないといけない。

与えるダメージは1だが確実に地位トークンを明かせる(相手の能力は発動しない)ところが強い。
ただ、攻撃力がアサシンよりも低いせいかなかなか使われない印象があります。

■6 ガーディアン
pic1
能力:誰かの前に盾を置き、自分の前に剣を置く。

pic1
盾が置かれているプレイヤーは剣が置かれている限りダメージを受けません。ガーディアンが3ダメージを食らうと剣が取り除かれます。

最強の防御力を持つキャラ。普通は能力を早めに使うと相手の攻撃しないといけない回数が減るので損になりますが、ガーディアンはそうはなりにくいです。
早めに味方が分かれば序盤で使うのも1つの戦略。

■7 バーサーカー
pic1
能力:自分を攻撃した相手に1ダメージ与える。

他のキャラの能力は味方に攻撃されたときに発動できますが、バーサーカーの能力は敵に攻撃されないと意味がありません。
そのためこの能力もあまり使われるのを見ない気がします。

このキャラがいるのでダメージを受けても問題ない人に剣を渡すという行為が発生します。

■8 メイジ
pic1
能力:自分と誰かに杖を置くことができる。

pic1
杖を置かれたプレイヤーはダメージを受けたときに?のトークンを置きます。

杖を置くとキャラを特定しにくくなるのでもちろん有利になるのですが、そこまででもないので積極的に使う能力ではありません。
この辺りから羽ペンが出たときのことも考えておきたいところ。

■9 ミストレス
pic1
能力:誰かの前に扇を置く。

pic1
扇を置かれたプレイヤーは身代わりを依頼することができなくなります。

地味に攻撃力の高いキャラ。
相手のリーダーが分かってしまえば確実にとどめを刺しにいけるので、意外と活躍できます。

もちろん羽ペンが出てしまうと必ずリーダーになるので、羽ペンが出そうかどうかは注意しなければなりません。

■異端審問官
pic1
能力:真の呪いと偽の呪いを裏向きにして何人かの前に置く。ゲーム終了時に真の呪いを置いたプレイヤーが勝利チームのリーダーであればゲームに勝利する。

pic1
呪いの枚数は人数によって変わります。

奇数人数でプレイするときに入れるキャラクター。
赤、青2つの色のカードがあり、毎回ランダムに選びます。

異端審問官はどちらの陣営でもないため、正体トークンは何を出してもよく、殺されると勝利になります。

感想

何と言ってもゲーム一回の軽さがちょうどいいです。
正体隠匿系のゲームですが脱落することもなく、能力によってサクサク進むので、終わった後に「もう一回!」ってなりやすいです。

それとハーレクインの存在が面白く、途中まで味方と思っていた人が敵になったりその逆もあったりといろんなドラマが生まれます。

徐々に正体が分かっていきますし、能力を使うことで活躍できるので、嘘をつくのが苦手な人でも楽しめるが良いところ。
チームの人数が同じというのも初心者にはありがたいのではないでしょうか。

情報が多い反面嘘をつくことで戦況をひっくり返すことは厳しく、終盤はどういう順で攻撃していくかのパズルを解く感じになってしまうので、そこが気になる人はいるかもしれません。

リプレイ性も高く一晩中遊べるゲームなので、8人以上集まることがあるなら(これが難しいのですが)持っていて損はないゲームだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする