全世界で大人気!戦略、交渉、運、全てが詰まったボードゲーム「カタンの開拓者たち」

今回は世界中で大ヒットしているボードゲームの金字塔「カタンの開拓者たち」をご紹介します。

pic1

人数   :3~4人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

プレイヤーは開拓者となり、カタン島と呼ばれる小さな島で自分の街を拡大していき得点を稼いでいく。

基本的なシステムとしては陣取り+拡大再生産なのだが、要素としてダイス、カード、交渉、戦略、ブラフとたくさん詰まっていて、
まさにボードゲームの楽しさが全て(さすがに言い過ぎ)詰まっていてる作品。

ゲーム毎に変わる盤面(と手番)によって毎回違った展開になるので、ゲーム毎に戦略を立てるのが難しくそこが非常に面白い。

ルール

まずはセットアップから。

6つに分かれている枠を繋げて
pic1
海岸線を作ります。
pic1
枠の両端に数字がかかれているので、それが合うように繋げます。

全ての地形タイルをよく混ぜてランダムに配置します。
pic1
これでカタン島の完成。
この地形がゲーム毎に変わるのがカタンの醍醐味。

タイルをセットしたら数字チップをアルファベット順に並べていきます。
pic1
並べ方は頂点から反時計回り。
1枚だけある荒れ地には置きません。

※よく見たらMとNが逆になってしまっていますね。遊ぶ時は間違えないように注意しましょう。

並べたらチップをひっくり返します。
pic1
アルファベット順に並べることによって数字が片寄らないように出来ています。

全プレイヤーに駒を配ります。
pic1
左から道、開拓地、都市となっています。

木、土、羊、麦、鉄の5つの資源カードとチャンスカードをまとめて脇に置いて
pic1
準備完了。
チャンスカードはシャッフルして裏向きに置きます。

適当に手番を決めて(ダイス2個の合計順にすることが多い)スタート。

※初期配置の置き方については後程。

プレイヤーはカタン島に自分の街を作っていくことで得点を稼いでいきます。

得点は
pic1
道が0点、開拓地が1点、都市が2点。
1番最初に10点取った人が勝ちなので、例えば都市を3つ、開拓地を4つ建てられれば勝ち。

建て方ですが、道は辺に
pic1
開拓地は道の繋がった頂点に建てることができます。
pic1
※もちろん道も道に繋がるように置かなければなりません。

開拓地の建てられる場所には制限があって、既に開拓地や都市が建っている頂点と隣接する頂点には建てられません。
pic1
なので、これはダメです。

隣接するのは別のプレイヤーでもダメ。
pic1
なのでこれもダメです。

都市は1度建てた開拓地をグレードアップさせる形で建てます。
pic1
何もないところにいきなり都市は建てられません。

これらの駒は他のプレイヤーが建てているところには建てられません。早い者勝ちです。

道、開拓地、都市を建てるにはコスト表に書かれているコストが必要になる訳ですが、どうやって手に入れるかというと、

手番ではまずサイコロを2個振ります。
pic1
目を合計して8になるので、8のチップが置かれている土地から資源が産出されます。
pic1
このタイルからは木が取れるので
pic1
木の資源カードを1枚ゲットします。
この時手番でないプレイヤーも同様に資源をゲットします。

この場合は青のプレイヤーが木を1枚と、
pic1
もう1つある8の土地から、赤のプレイヤーが羊を1枚ゲットします。

この手番でないときに資源をゲット出来るのもカタンならでは。

タイルは5つの資源に対応するように出来ています。
pic1
タイル枚数は土と鉄が3枚で残りが4枚ずつ。

手番プレイヤーはダイスを振った後に(ここ重要)コストを払って建設が出来ます。

木と土を払えば道を
pic1
木と土と羊と麦を払えば開拓地を建てることが出来ます。
pic1

都市化も同様です。
pic1

建設は1度に(資源がある限り)何度行っても構いません。

ちなみに都市化すると
pic1
産出される資源が2枚になります。
開拓地を建てて取れる資源を増やしにいっても良いですし、麦と鉄が入るなら都市化を狙うのもありです。

とは言っても初めの方はなかなか資源が集まりません。配置によっては絶対取れない資源も出てきます。

そんなときには貿易。
好きな資源4枚を好きな資源1枚に変えることが出来ます。
pic1
貿易は手番のサイコロを振った後に行うことが出来ます。

ただこれはかなり効率が悪いです。
そういうときのために港があって、港を使うことで効率良く貿易をすることが出来ます。
pic1
3:1と書かれた港(橋が出ているところ)に開拓地か都市(道はダメ)を建てていると、
pic1
3枚を1枚に交換出来ます。

資源の絵と2:1と書かれた港は、その資源2枚で
pic1
好きな資源1枚と交換できるようになります。
pic1
海岸線は取れる資源が少ないですが、この港があるためバランスがとれています。

さらに資源の交換は貿易だけでなくプレイヤー間で行うことが出来ます。

例えば手札がこんな感じになっていて、開拓地を建てたい場合、
pic1
鉄は必要ないですが、羊が足りません。

こんな時「鉄をあげるので羊くれる人いませんか?」という感じで交換してくれる人を募って、いれば交換することができます。

別に交換は1枚と1枚でなくてもよいので、交換する際に「鉄2枚なら交換するよ」とか「鉄2枚にするから羊に何かつけて」と交渉することができます。

この交渉がカタンの面白いところ。
いかに自分が有利になるように交渉出来るかが勝利への鍵でもあります。

※交換は手番プレイヤーが絡む交換でないとダメです。
※交換の枚数に上限はありませんが、譲渡は出来ません。実質的な譲渡になる「鉄と麦1枚ずつと鉄1枚」の交換も出来ません。

わざわざ相手に資源をあげてまで急いで交換しなくても、欲しい資源が産出されるまで待てばいいと思うかもしれませんが、そうでもありません。

サイコロを振って7が出たとき、
pic1
手札が8枚以上ある場合は
pic1
半分(端数切り捨て)捨てなければなりません。
pic1
これは自分の手番でなくても起こります。
なのでバーストしないように手札を管理する必要がある訳です。

手番での資源交換や建設がサイコロを振った後にしかできないのもこのためです。

7が出たときの効果として盗賊の移動があります。
pic1
7を出したプレイヤーが好きな場所に盗賊を動かすことができます。
動かしたときにその土地に建物を建てているプレイヤー(複数いる場合は1人選ぶ)から資源カードをランダムに1枚奪うことが出来ます。

さらに盗賊が置かれている土地からは資源が出なくなります。
これが結構きつい。

この盗賊システムがあることでトップとの差が開きにくくなるように出来ています。

盗賊を置かれたらまた7が出るまで待たないといけないかというとそうでもありません。
羊、麦、鉄を払うことで
pic1
チャンスカードを引くことが出来ます。
pic1
チャンスカードは伏せて手元に置いておいて、好きなときに使えます。

チャンスカードの約半分は騎士で、手番で騎士を使えば盗賊を動かすことが出来ます。
もちろんカードを1枚奪うことも出来ます。

チャンスカードの注意点は、引いたターンでは使えないことと、手番中に1枚しか使えないこと。
ただし手番中ならいつでも使えます。

騎士以外には「街道建設」「独占」「発見」の3つ(各2枚ずつ)があります。
pic1
街道建設を使うと2本の道を資源を払わず建てることが出来ます。
建てられるのは道だけなので、終盤に引くと全く使えないこともあります。

独占を使うと指定した資源をプレイヤーの手札から全て集めることが出来ます。
相手の足止めも出来るかなり強力なカード。

発見を使うと好きな資源を2枚引くことが出来ます。
種類は別々でも同じでも構いません。
序盤でも終盤でも安定して働いてくれるカード。

あとチャンスカードには1ポイントが5枚入っていて
pic1
これは10点になったときに公開して勝利宣言をします。

チャンスカードは伏せているので得点を隠すことが出来る(盗賊の標的にならない)のですが、
逆に全部ポイントである可能性を考慮され、狙われることもあります。

建物の得点、カードの得点に加え条件を満たすともらえる2枚のボーナスタイルがあります。

1つ目が最大騎士力。
pic1
騎士を3枚以上公開するともらえます。

2つ目は最長交易路。
pic1
一筆書で5本以上の道を延ばすともらえます。

ただし途中に他の人の建物があると途切れるので注意です。
pic1
タイルは1枚ずつしかなく、騎士の枚数や道の長さを更新されるとその人に渡さないといけなくなるので、1度とっても安心は出来ません。

建物、カード、タイルの得点を合わせて10点以上になったら自分の手番終了時に勝利宣言をして、ゲームに勝利します。

初期配置

カタンでは、初期配置が非常に重要になってきます。
「他人が建てているところに建てられない」、「道は繋がるように建てないといけない」、「他人の建物は壊すことが出来ない」
これらのルールによって自分の開拓範囲が初期配置からあまり動くことがないためです。

初期配置では各プレイヤーが「開拓地とそれに繋がる道1本」を2つずつ置きます。
pic1
ただし手番順に2個ずつ置くのでは先手が圧倒的に有利なので、1つ目は1、2、3、4の順、2つ目は4、3、2、1の順で置きます。
pic1
何番目が有利かは盤面に寄るとしか言えません。

先ほどはアルファベットの順を間違っていたのもあるので、ランダムに並べ直してみました。
pic1
すごく片寄った地形になってしまいましたが、まぁこれもカタンの醍醐味ってことで。

あましろが1番なら麦に重点を置いてここに置きます(少し見づらいですが)。
皆さんが2番手ならどこに置きますか?

感想

なんと言っても毎回変わる盤面と戦略の多さ。
戦略に答えはなく、1つ前のゲームではバランス型が強かったが、次のゲームでは特定の資源に特化した型が強いなんてざらにあります。

だからこそ初期配置で毎回悩むのですが、その時間がたまらなく面白い。

ダイス運に左右されることが多いですが、それでもカード、貿易、交換を駆使することでなんとか出来るのもよいところ。


よく「ボードゲーム初心者向け」というのを目にしますが、あましろはそこまで初心者に甘いゲームでもないかなと思っています。

プレイヤー間の絡みが強く、初期配置で後のプレイヤーにいい場所を残したり、盗賊置き方や交換でトップの手助けをしたりしてしまうこともあるので、
経験者があれこれ言いたくなる展開になりやすいからです。

とか言いつつ、あましろはこの前初めての人に負けたんですけどね。

ですがその辺を配慮出来れば、絶対に楽しめる作品なので、ボードゲームに少しでも興味のある人には是非プレイして欲しい作品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする