東京メトロとリアル脱出ゲームのコラボイベント「地下謎2018」に参加してきました!

先日東京メトロで開催されている謎解きイベント「地下謎2018」に参加してきました!

という訳で今回もネタバレをしない程度に地下謎2018の感想を書いていこうと思います。

地下謎とは?

リアル脱出ゲームのSCRAPと東京メトロのコラボで開催されている謎解きゲーム。
謎解き町歩きゲーム「地下謎への招待状2018」

2014年から始まり今年で5回目になる人気のイベントです。

イベントは実際に東京メトロのに乗っていろんな駅を回って謎を解いていくというまさにメトロとコラボしないと出来ないものになっています。

感想とか

去年のメンバーに1人を加えた5人で挑戦。
ちなみに去年の感想はこちらに書いてます。
ボードゲーム雑記:地下謎2017に参加してきました

スタートの駅は、上野、北千住、東京、王子、新宿、渋谷の6駅から選べます。
今回は全員が集まりやすい東京からスタート。
ちなみに時刻は11時。

定期券売り場でキットを買うと、
pic1
いつも通りメトロ1日乗車券とセットになっているキットがもらえました。

それと今回は限定のハンカチがおまけでもらえました。
どうやらこちらは2人以上で参加したときにもらえるものだとか。

価格は税込2,200円です。メトロの1日乗車券とセットなので、1日遊べてこのお値段はけっこうお得です。



スタート地点で最初の謎を解くといつものようにルート選択に。
今回は各駅での想定される所要時間が書かれていたので計画をたてやすいようになっていました。
ちなみにあましろは1番難易度が高そうなルートを選びました。
最高難易度とか書かれていたら選びたくなりますよね。

問題としてはいろんな種類があって、パズルを解いたり、街を歩いて指示された物を探したり、アイテムを組み合わせたりと、飽きないような作りになっています。

難易度高めのルートを選びましたがそこまで詰まることなく進めることができました。
ただ、途中でご飯やおやつを食べる時間もあって、結局最後の問題にたどり着いたのは19時過ぎ。

その後ご飯を食べて家で最後の問題を解いて無事クリア。
pic1
時間制限があるとあせって全然解けなくなるので、最後の問題が家で解けるようになっているのは非常にありがたいです。

といっても今回の最終問題は去年よりも難易度は低かった気がします。

まとめ

今年も謎解きに町歩きにと大満足の1日でした。

特に今年は去年できなかった途中の駅での食べ歩きもできたので良かったです。
やはり午前中から参加してゆっくり解くのがオススメですね。

あと難易度や所要時間、現在どこまで進んでるかが書かれていて予定をたてやすくなってたのも良かったです。

ただ、あましろが参加した日は人数も多く、途中で少し並ぶところがあったので、できれば人の少ない時期を狙った方がよいかもしれません。

「地下謎2018」は2019年1月31日まで開催してるみたいなので、是非是非参加してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする