見えないカードは1枚だけ!大盛り上がり必至の簡単チキンレースゲーム「コヨーテ」

今回はカードより人の顔を見る力が試されるボードゲーム「コヨーテ」をご紹介します。
pic1

人数   :2~10人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

まずはいつもの
pic1
時間にぶれがあるのは、負け抜けなので人数によって時間が変わるから(だと思う)。
人数も10人までできるのがよいところ。ただ個人的には4,5人くらいがおすすめ。

で、どんなゲームかというと、画像に書いてある通りです。
(決して説明をサボっているわけではありません)

「自分以外」というところがこのゲーム最大のポイント。
分からないカードは1枚だけなので簡単に分かりそうですが、、、



箱を開けるとこんな感じ
pic1
カードの山と身代わり人形カード、ルールブックが入っています。

ルール

カードには1、5、10といった数字が書かれています。
(ちなみにカードに描かれている謎の生命体(?)がコヨーテ)
pic1

カードの山から各プレイヤー1枚ずつ取り、自分だけが見えないようにおでこにあてて持ちます。
インディアンポーカーを知っている人はそれをイメージすると分かりやすいです。
pic1
自分のカードだけ見えないので、5人でやるとこんな感じになります。
この状態で合計の数字を予想していきます。

手番で出来ることは
・前の手番の人が宣言した数字より大きい数字を言う
・(前の手番の人が宣言した数字が合計を越えたと思ったら)「コヨーテ」と宣言する。
のどちらか。
初めのプレイヤーは1以上の数を言わなければなりません。

コヨーテがかかると、コヨーテ宣言した人と、その前のプレイヤー(最後に数字を言った人)の勝負になります。
数字が合計を越えていれば、コヨーテ宣言した人の勝ち。越えていなければ(同じても)コヨーテ宣言した人の負けです。

負けた方は、身代わり人形を1つ失います。
身代わりがいない状態でダメージをくらうと脱落になります。
pic1
初めは2体。裏返すと1体になります。

使ったカードを捨て札にし、またカードを引いてダメージを受けたプレイヤーから数字を宣言していきます。
これを繰り返していって最後まで残ったプレイヤーの勝利です。

通常ルールでは最後の1人までとなっていますが、人数や時間に応じて1人脱落で終了したり、身代わり1体からスタートしてもよいかと思います。

ちなみにカードの裏にカードの構成が書かれています。
基本的に自分のカードの裏を見ながらプレイするので、常にカードの構成が分かるこの仕組みはよくできていると思います。
pic1
0から5は4枚ずつ。10は3枚、20が1枚といった具合です。マイナスのカードもあります。
それと特殊なカードが3枚。
このカードたちが非常にやっかいで、予想もしない合計値にしてくれます。
pic1
まずはこの「×2」カード。
単純に合計値を2倍にします。見えているカードの合計よりも数がどんどん上がる場合は、自分がこのカードを持っているのかもしれません。

pic1
次は「max→0」カード。
このカードを持っている人がいると最大の数が0になります。
最大の数が複数あると全てが0になります。

見えてるカードの合計が小さくないのに数字を上げるのをためらってる人がいたら、自分がこのカード持っているかもしれません。

pic1
最後はこの「?」カード。
このカードを持っている人は、コヨーテ宣言の後で山札の一番上のカードをめくります。そしてそのカードを持っていたものとして計算します。
つまりどうなるか分からないということです。

これらのカードに注意しながら、みんなの宣言から自分のカードを予想していきます。
時には合計か小さいのに「まだまだ行けるでしょ」と言ったり、合計が大きいのに「そんなにある?」と言ってみたりして誰かを狙い撃ちしてもいいでしょう。

なのでカードより人の顔を見る方が大事になってくるわけですね。

拡張ルール

拡張ルールとして、1回のゲーム(コヨーテ宣言がかかって1ゲーム終了)で1回ずつ特殊なアクションができるルールがあります。
特殊アクションは以下の6つで
pic1
使ったら使ったことが分かるようにこのカードを裏返します。

何となく想像はつくかもしれませんが、パスしたり宣言した数字を変えさせたりもう1枚引かせたりと強力なアクションばかりです。
このルールを入れると戦略の幅が広がりますが、初めは使いどころが分からないと思うので、慣れてきてから入れる方がいいでしょう。

感想

シンプルなルールで心理戦が楽しめるいいゲームになっています。
カードが細長くなっていて下の方を持つことで数字が隠れないようになっていたり、裏に構成が書いてあったりと遊びやすい工夫があるのもうれしいです。
ルールのシンプルさと柔軟性、対応人数の幅があるのでゲーム会での出番は多いです。

ゲームの面白いところとして
「誰も大きい数を持ってないのに、みんな自分が大きい数を持っていると思って数字がどんどん上がる」
という状況があるので、全員が確率で動いてしまうと盛り上がりが欠けるかもしれません。

たまにカードの引きでどうしようもないときがあるので、それも含めてじっくり読みあうというよりもわいわい楽しむのがよいかと思います。


最後に。
ルールとは別でコヨーテの話というものが入っています。
pic1
これを読むとなぜ数を間違えた人がダメージを受けるのかが分かります。
こういうストーリーがあるのも嬉しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 見えないカードは1枚だけ!大盛り上がり必至の簡単チキンレースゲーム「コヨーテ」 | 駆け出しプログラマのボードゲーム日記 […]