その記憶は本物?はたまたデジャヴ?記憶力と判断力のカルタ系ゲーム「デジャヴ」

今回はデジャヴ感と戦うちょっと変わったお手軽カルタ系ゲーム「デジャヴ」をご紹介します。

pic1

人数   :2~6人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

カードをめくっていき、カードに書かれている絵柄と同じタイルを速く取るカルタ系ゲーム。

これが使うカード。
pic1
1枚のカードに1~3つの絵が書かれています。

そしてこれが取るタイル。
pic1
全部で32個あって、カードに描かれていないものはありません。

カードをめくっていき、出て来た絵のタイルを取るのですが、タイルを取るの同じ絵柄が2回登場したとき。
しっかりと2回登場した絵柄を取れるかどうか、記憶力と判断力が試されます。

ルール

3枚のカードをランダムに抜き取り箱にしまいます。
pic1

タイル全部をみんなの手の届くところに並べます。
pic1
カードをシャッフルして中央に置いて準備完了です。

ゲームが始まったら山札からカードを1枚めくります。
pic1
カードに描かれているタイルを取るのですが、まだ取ってはいけません。

順々にめくっていくと
pic1
このように同じ絵柄が出てきます。

同じ絵柄が2回出たと思ったらその絵と同じ絵柄のタイルを取ります。
pic1
これがそのままポイントになります。もちろん早い者勝ち。

取るタイルは今出た絵柄でなくてもよくて、カードをめくってくいなかで、「さっき出た絵は2回出たな」と思ったらいつでもタイルを取ることが出来ます。

後は山札がなくなるまで繰り返して、取ったタイルの枚数がポイントになります。

全ての絵柄は2枚ずつ描かれているので、「じゃあとりあえず出た絵柄のタイルを取ればいい」と思うかもしれませんがそうはいきません。
ちゃんと2回出た絵柄を取らないとペナルティがあります。

めくったカードに描かれているタイルを既に取っている人がいた場合(各絵柄は2回しか登場しないため、間違って取ったことになる)その人はここで脱落し、得点を得ることができません。
pic1
右のプレイヤーはを取っていたのでここで脱落です。

なのでカードをめくったときに他の人が既に取っていないかを確認する必要もあります。

タイルが32枚しかないので簡単そうに見えますが、
pic1
こんな感じでわざと間違えるように似ている絵がいくつか準備されているので、どれが出たかを細かく覚えて置く必要があります。

山札がなくなったらラウンド終了。
脱落していないプレイヤーは取ったタイルの枚数分得点を得ます。
pic1
こんな感じなら7点ゲットです。

ただし最初に抜いた3枚のカードを公開して、この3枚のカードに描かれている絵柄のタイルを取っている場合は、得点を得ることができません。
pic1
もちろん間違って取っていたことになるからです。

またカードをランダムに抜き取ってタイルを中央に戻して、これを3ゲーム行います。合計点の高い人の勝利です。
絵柄が出たかどうかは毎ゲームリセットされるので、このゲームで出たのか前のゲームで出たのかをしっかりと判断する力が試されます。

感想

誰でも手軽に遊べる定番パーティーゲーム。
カルタ系のゲームですが反射神経だけでないのがこのゲームのおもしろいところ。

最初のゲームではまだ記憶がしっかりしてますが、2回3回目となっていくと、記憶が曖昧になってくるので、カードがめくられる度にみんな取るか取らないかを迷う様子がとても面白いです。

思いきって取ってみたら、後から出て来て得点0ということがけっこうあるので、その度に盛り上がります。

ナンジャモンジャとプレイ感は似ていますが、タイルを取ることでポイントになるので、誰が得点を得たかが分かりやすいのがこのゲームのよいところですね。
もちろん名前を付けたりはしないので、そこの盛り上がりはありませんが。

カード構成を覚えてしまうと少しプレイ感が変わるかもしれないので、あまりやり込むゲームではないのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする