ボードゲーム紹介:ドミニオンカード紹介

今回はドミニオン基本セットのカードをコスト順に紹介していきます。

強さや使い勝手に関しても書いていますがかなり個人的な見解なので、あくまで参考程度に。

ドミニオンのルールについてはこちらの記事をご覧ください。
ボードゲーム紹介:ドミニオン

カード紹介

コスト2

コスト1のカードがないので最も安いコストになる。
大量にあっても強いわけではないが、使える場面の多いカードが多い。

■地下貯蔵庫
pic1
効果:手札から好きな枚数捨て札にし、同じ枚山札から数引く。

序盤にも終盤にもあって損はないカード。
いらないカードを回すだけでなく回転率を上げたいときにも使える。

たくさんあっても効率が悪くなるので余ったお金で買う感じ。

相性のいいカードは研究所等のアクションの減らないドローカード。

■堀
pic1
効果:2枚ドロー。
リアクション効果:アタックカードを使用した際に手札から見せることで、攻撃を無効化する。

アタックカード多目のデッキvs堀多目のデッキなら堀が勝つ。
相手がアタックを使わない場合は効率が悪くなるので、相手のアタックカード購入に合わせて買いたい。

■礼拝堂
pic1
効果:手札から最大4枚まで廃棄できる。

たぶんコスト面まで考えると最強のカード。
ドミニオンは銅貨や屋敷等の弱いカードを廃棄する「圧縮」と呼ばれる戦略がとても強く、基本セットでそれを1番効率よく行うことができる。

コスト3でも初手で買いたい(実際3金で買うこともある)くらい。

コスト3

まだまだ効果としても弱く、コスト2のカードとそこまで変わらない。
銀貨がコスト3なので買うときはちゃんと銀貨より得かどうかを考えて買う必要がある。

■村
pic1
効果:+2アクション、1枚ドロー
かなりコスパがよくたくさんあっても腐らないため、売り切れることが多い。
腐らないからと言って買いすぎると、アクションを余らせるだけなので注意。

■宰相
pic1
効果:+2金、山札を全て捨て札にしてよい。

正直1番使いどころが分からないカード。
上手くやればデッキの回転率を上げつつ、効率よくカードを引けるので、山札の中身が分かっていれば強いのかも。

■木こり
pic1
効果:+2金、+1購入

+購入があるのでお金がたくさんある場合でも使えるカード。

相性のいいカードは庭園。
木こりで購入を増やして安いカードをたくさん購入できるので、庭園の勝利点が結構上がる。
誰も庭園を買わなければ勝てるイメージ。

■工房
pic1
効果:コスト4までのカードを獲得する。

コスト4までというところがみそ。
コスト5に以上に強力なカードが多いので、工房を回すことで強いデッキができるという訳ではない。

相性のいいカードはもちろん庭園。

コスト4

ちょっと癖のあるカードが出てきます。
いろんな効果の種類がありますがゲームを決めるほどの強力なカードはない印象。

■泥棒
pic1
効果:相手の山札から2枚めくり財宝が出れば1枚選んで廃棄させる。廃棄した財宝から好きなだけ獲得する。

相手からお金を奪えるので強そうに感じるが、そうでもない。
相手の不要な銅貨を廃棄させるので、デッキ構築のお手伝いになることが多い。

逆に相手が圧縮しているなら効果大。あと金貨を奪われたときのダメージはかなりのものがある。

■密偵
pic1
効果:+1アクション、1枚ドロー、自分と相手の山札の1番上を見てそれを捨て札にしてもよい。

自分のは必要のないカードを、相手のは必要なカードを捨て札に出来ると強いが安定はしないので、空振ることも多い。

コスト4で研究所と同じ回転率を実現できると考えることもできる。

■庭園
pic1
効果:山札の枚数÷10点(端数切り捨て)になる。

王国カード唯一の勝利点。
特に圧縮しなければだいたい公領と同じ点にはなる。

相手に独占されると勝ちにくいので、相手が買い始めたら少しは買った方がよい。
庭園デッキは「毎回カードを1回くらい使って安いカード2枚獲得」という展開になる(結構強い)ので、あましろはあまり好きではないです。

やっぱアクションをたくさん使う方が楽しいので。

■鍛冶屋
pic1
効果:+3カード

単純な能力だが強い。
鍛冶屋で鍛冶屋を引かないくらいの密度で鍛冶屋を買う(後はお金)鍛冶屋ステロという戦略もあり、これがけっこう強い。

鍛冶屋がある場合は、これに勝てるデッキを作る必要がある。

■役人
pic1
効果:銀貨を山札の1番上に置く。相手は勝利点カードを1枚山札に戻す。

自分への効果も相手へのアタックも地味なカード。

勝利点を1枚戻すのはデッキの回りが遅くなる+いらないカードを引くという2重の効果があるのでそこそこ強いはずなのだが、中々使われない。

こういうカードを使いこなせる人が強い人だと思う。

■民兵
pic1
効果:+2金、相手は手札を3枚になるまで選んで捨てる。

非常に優秀なアタックカード。
手札2枚捨ては序盤でも終盤でも効果があるところが強い。

特にお金多目のデッキの人には効果抜群。逆にアクション多目の人には(コンボ発動用のカードが残ればよいので)効果が薄くなる。

■祝宴
pic1
効果:このカードを廃棄する、コスト5までのカードを獲得する。

必ずコスト5のカードが手に入るが、効率はあまり良くない。
メリットとしては余計なカードを増やすことなくコスト5のカードが手に入るところ。

相性がいいのは玉座の間。
1枚廃棄するだけで2枚のコスト5のカードがゲット出来る。が中々手札に揃わない。

■改築
pic1
効果:手札のカードを1枚廃棄する。そのカードのコスト+2までのコストのカードを獲得する。

ちょっと変わった効果を持つカード。
屋敷をひたすら改築にしていき、金貨、属州と購入せず属州を手に入れられる。

ゲームの終盤に残していても意味のない金貨を属州に出来るのが強い。

属州を廃棄して属州を獲得してゲームを終わらせるなんてことも出来る。

■金貸し
pic1
効果:手札の銅貨を1枚廃棄する。そうしたとき+3金。

銅貨を廃棄出来る強力なカード。
デメリットは後半に機能しなくなることだが、それでも買う価値はある。

後半に改築で金貨に出来ればベスト。
財宝を多目に買うと泥棒に弱くなるので注意。

■玉座の間
pic1
効果:続けて手札にあるアクションカードを使用し、その効果を2回分適用する。

波乱を呼ぶカード。
3枚ドローを6枚ドローに変えた、呪いを2枚獲得させたり、アクションを増やしたり、といろいろなことが起こります。

もちろん手札に玉座の間以外のアクションカードがないとまったく意味がないので、バランスを考えて買う必要がある。

ちなみに玉座の間で玉座の間を使うこともできます。

コスト5

コスト4と比べてかなり強力なカードが多く、コスト5のカードをどのように買っていくかがゲームのカギとなります。

■市場
pic1
効果:+1アクション、+1金、+1購入、1枚ドロー

全てを+1する万能カード。だがあまり爆発力はない。
村鍛冶や研究所でカードをたくさん引く系のデッキを作る際には数枚入れておきたい。

■研究所
pic1
効果:+1アクション、2枚ドロー

事故らずに安心してカードを引くことのできるカード。
ただし少し効率は悪い。
研究所を2枚使うのは、村と鍛冶屋を1回ずつ使うのと同じなので。

あましろはアクションをたくさん使ってデッキを引き切るのが好きなので、研究所は大のお気に入りカード。

■議事堂
pic1
効果:4枚ドロー、+1購入。相手も1枚ドロー。

固定枚数ドローの効果で最も多くのカードをドローできるカード。
+購入がついているので、お金を引きすぎても無駄にならない。
鍛冶屋ステロと同様に議事堂ステロという戦略もある。

ポイントは相手にも1枚引かせること。
使うときは相手の次のターンが強くなることに注意しなければならない。

■魔女
pic1
効果:2枚ドロー、相手は呪いを1枚獲得する。

最強のアタックカード。
基本セットでは廃棄する効果を持つカードが少ないため、1度呪いを入れられると結構つらい。
サプライに魔女がある時はどれだけ呪いを配る枚数に差がつけられるかが勝負になる。

■祝祭
pic1
効果:+2金、+2アクション、+1購入。

+2アクションがあるのは村と祝祭のみ。+2金、+購入もついているのでかなり強い。
ただし祝祭自体にカードを引く効果がないので、ドロー効果のあるカードと合わせて使いたい。

■書庫
pic1
効果:7枚になるまでカードを引く。その際にアクションカードを引いたら手札に加えず避けてもよい。

アクションカードを引いてしまうという事故がない優秀なドローカード。
7枚までというのがポイントで、相手に民兵を使われたときの防御策にもなる。
 
相性がいいのは祝祭。
ただし、両方ともコスト5なので揃えるのは大変。

■鉱山
pic1
効果:手札にある財宝カードを1枚廃棄し、そのコストより3まで大きいコストの財宝カードを獲得し手札に加える。

ぱっと見は手札のお金を1金アップさせるだけに見えるが、無駄な財宝を買わずに金貨を獲得できるのでかなり強い。
買うならなるべく早い段階で買いたい。

泥棒に注意。

コスト6

■冒険者
pic1
効果:山札から財宝カードが2枚出るまでカードをめくる。その2枚の財宝カードを手札に加える。

唯一のコスト6のカード。+2金~+6金を生むことができる。
銅貨が多いと効果が薄いので、できれば銅貨を廃棄できるカードと合わせて使いたい。

勝利点カードが増えた終盤にそれらを引かずに財宝カードだけを引くことができるのが強いのだが、大体の場合で金貨の方が強いというちょっと残念なカード。

総評

基本セットだけあって、そこまで突出して使い方が難しいカードはない感じ。

少し強さの差はあるものの、明らかに強すぎるカードやコンボもないのでやはり1番遊びやすいセットになっていると思います。

呪いを配るカード、手札を廃棄するカードが少なめなのでもう少しあってもよかったかなぁと思いますが、そのために拡張があるようなものなので、
基本セットで物足りなくなった人は是非拡張を買ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする