ボードゲーム紹介:ドミニオン陰謀カード紹介

今回はドミニオン陰謀のカードをコスト順に紹介していきます。

ドミニオンのルールについてはこちらの記事をご覧ください。
ボードゲーム紹介:ドミニオン
ボードゲーム紹介:ドミニオン陰謀

カード紹介

コスト2

基本セットと同様に最も安いコスト帯。
基本セットには優秀なカードが多かったが、陰謀では2金というコストに見合っている感じ。

■手先
pic1
効果:+1金、+1アクション、+1購入、1枚ドローから2つ選ぶ。

4つから選べるので、毎回何かしらの効果をもたらしてくれるが効果としては強くない。
毎回+1アクションと1枚ドローを選んでいては意味がないので、+1金、+1購入と合わせて使いたい。

相性のいいカードは共謀者。

■秘密の部屋
pic1
効果:手札から好きな枚数捨て札にする。捨て札にした枚数分だけ+1金。
リアクション効果:アタックカードを使用した際に手札から見せると、山札から2枚引く。そして山札に2枚戻す。

相手のアタックを利用して手札のコントロールが出来るカード。
上手くいけば手札の勝利点カードを別のカードに変えることも出来るが、中々上手くいかない。

堀が優秀過ぎるとも言える。

■中庭
pic1
効果:3枚ドロー。手札から1枚をデッキの上に戻す。

優秀なドローカード。
単純な数字を見れば2枚ドローだが、被ったアクションや余るお金を戻せるので効率がよい。

中庭を使った後にカードを引くのでは効率が悪くなってしまうので、中庭をメインにした引き切りデッキはオススメしない。

コスト3

手軽に買えるコスト帯だが、中々強力なカードが増えた。
もちろん銀貨とどっちにするかは常に考える必要がある。

■執事
pic1
効果:+2金、2枚ドロー、手札から2枚廃棄、から1つ選ぶ。

後半でも腐らない廃棄カード。
爆発力はないが安定して働いてくれる。

廃棄を選んだら必ず2枚廃棄しなければならないので注意。

■仮面舞踏会
pic1
効果:2枚ドロー、全員手札から1枚選び左隣に渡す。あなたは手札のカードを1枚破棄してもよい。

コスト面まで考えると最強クラスのカード。
ただの1枚廃棄だと思ったら大間違い。

相手の手札次第では相手のデッキを弱く出来るのが強く、自分だけ2枚引いた後に渡すカードを選べるのも大きい。

加えてアタックカードではないため、リアクション効果で防ぐこともできない。

■詐欺師
pic1
効果:+2金、相手のデッキの1番上のカードを廃棄させそのカードと同コストのカードを獲得させる。

いやらしい効果をもつアタックカード。
めくったカードが銅貨なら呪いを獲得させることができる。

序盤はアクションを勝利点に、終盤は勝利点のをアクションに変えると強い。

呪いがなくなった後に呪いカードををめくると、銅貨に変えてしまうので注意。

■貧民街
pic1
効果:+2アクション。手札を公開して、アクションがなければ2枚ドロー。

手札にアクションがあればドローできず、アクションがなければアクションが余ってしまうという、何とも言えないカード。

手札のアクションを使いきるタイミングで使えるとベスト。

■願いの井戸
pic1
効果:+1アクション、1枚ドロー。カードを1枚指定しデッキの1番上を公開する、そのカードが指定したカードなら手札に加える。

予想が当たれば研究所と同じ効果になる。が中々当たらない。
デッキに何が残っているかを把握できる人にオススメ。

■大広間
pic1
効果:+1アクション、1枚ドロー。1勝利点。

陰謀の新要素である複合カード。
腐らない勝利点といった感じ。

大広間の枚数で負けることもあるので、1点だからと言って侮れない。

序盤から集めるカードではないが、3山切れを狙うなら積極的に買うのもあり。

コスト4

やはりコスト5と比べると見劣りするが、銅貨や屋敷を活かせるカードやたくさん使うと爆発的に効果を生むカードがあり、戦略の選択肢が増えた。

■同細工師
pic1
効果:このターン銅貨は追加の1金を生む。

今まで陽の目を浴びなかった銅貨が活躍するカード。
上手くいけばこのカードだけで序盤に6金を叩き出すことが出来る。

大量にカードを引いて一気にお金を上げるというロマン戦略もあるが中々成功しない。

■鉄工所
pic1
効果:コスト4までのカードを1枚獲得する。獲得したカードがアクションなら+1アクション、財宝なら+1金、勝利点なら1枚ドロー。

おまけの付いた工房。
その時々で必要な効果を選べるのは便利だが、デッキに必要ないカードを獲得するのでは意味がないという悩ましいカード。

相性が良いのは大広間。
(使うときではなく獲得するカードとして)
大広間を獲得すれば+1アクションと1枚ドローになるのでお得。

■鉱山の村
pic1
効果:+2アクション、1枚ドロー。このカードを廃棄すれば+2金。

だいたいのドミニオンの拡張には村と似た効果をもつ「◯◯の村」というカードがある。陰謀はこの鉱山の村。

村と比べて1金高く、追加の効果は廃棄しないと発動しないので微妙に感じるがそうでもない。

序盤で一気にお金を生みたい時に使ったり、後半の勝負どころで2金増やせるのは強い。

■男爵
pic1
効果:+1購入。手札から屋敷を捨て札にすれば+4金、そうしないときは屋敷を獲得する。

今まで陽の目を浴びなかった屋敷を有効に使えるカード。
+金の効果では過去最大の数値で+購入も付いている。

ただ発動条件があまり良くなく序盤は活躍するが、後半は難しい。
かと言って男爵で大量に屋敷を獲得するのは弱いので、屋敷獲得はデッキが増えたらやる感じ。

■偵察員
pic1
効果:+1アクション。デッキの上から4枚のカードを公開し、勝利点を手札に加え残りのカードを好きな順番で戻す。

たぶん1番地味なカード。
手札にドロー系のカードがあればその効果を無駄にしないよう調整が出来る。

さらに勝利点の複合カードも手札に加えられるので、大広間、ハーレム、貴族があるときは積極的に買っても良さそう。

■共謀者
pic1
効果:+2金。このターンアクションを3枚以上使っているなら+1アクション、1枚ドロー。

共謀者自体に+アクションがないので、効果を発動させるために準備がいる。が1度共謀者デッキが完成してしまうと止められない。

相性のいいカードはもちろん手札を廃棄できるカード。

■橋
pic1
効果:+1金、+1購入。このターンカードのコストは1低くなる。

1枚カードを買うだけなら木こりと同じ効果なのでそんなに強くなさそうだが、気をつけなければならないカード。

真価を発揮するのは複数枚購入するときで、橋を2回使えばあとは銅貨1枚で、コスト2、3、4のカードを1枚ずつ買うなんてことも出来る。

中盤に属州や強カードを一気に買われてそのまま負けることがあるので、相手が橋を買っているならリードしていても油断はできない。

改築等のカードコストを元にする効果は元にするカードのコストも1下がるので、効果が強くなるわけではない。

コスト5

基本セットよりはコスト4との差がない印象ですが、それでもやっぱり強力なカードが多い。

■改良
pic1
効果:+1アクション、1枚ドロー。手札から1枚廃棄し、廃棄したカードのコスト+1のコストのカードを獲得する。

手札、アクションを消費せず廃棄が出来る優秀なカード。
カードの獲得はコストがちょうど+1なのが良くも悪くもある。

コスト1のカードがないので銅貨を(呪いも)廃棄でき、屋敷は銀貨になるので早めに買えると効果大。

ちなみにあましろの1番のお気に入りカード。

■拷問人
pic1
効果:3枚ドロー。相手は手札から2枚捨てる、呪いを1枚手札に加えるのどちらかを選ぶ。

最凶のアタックカード。
効果が選べるからといって安心してはいけない。

基本的には呪いはもらいたくないので2枚捨てを選ぶのだが、
実はこの効果、民兵とは違い手札の枚数に関係なく発動する。
そのため3回食らったら手札が0になってしまう。

さらに通常効果の3枚ドローが強く、これによって次の拷問人を引かれてしまう。
呪いがなくなっても鍛冶屋と同じ効果(魔女は堀や中庭の劣化)なのも強い。

唯一の救いは呪いの獲得が手札に入れるところ。
改良等の廃棄カードを持っているなら、呪いを取ることで効果を弱めることが出来る。

それでも下手したら友達をなくすコンボなので、初心者相手にはやらないことをオススメします。

■公爵
pic1
効果:公領1枚につき1点になる。

本セットの勝利点カード。
属州対公領&公爵では公爵が勝つことが多いため、必然的に公爵ゲーになる。

効率よく点をとるには公爵を多目に買った方が良いが、公領が売り切れては意味がないので、先に公領を買った方がよい。

■貢物
pic1
効果:左隣のプレイヤーのデッキの上から2枚公開する。公開した異なるカード毎にアクションカードなら+2アクション、財宝カードなら+2金、勝利点カードなら2枚ドロー。

運が良ければ絶大な効果を得られるが全く安定しない。
+4アクションになって、増えたアクションを全く使えないなんてことも多い。

効果を選べるカードを持っておいて、結果に対応して効果を選ぶと安定するのかも。

■寵臣
pic1
効果:+1アクション、次の2つから1つ選ぶ。「+2金」「手札をすべて捨て札にして4枚ドロー、手札が5枚以上のプレイヤーは手札をすべて捨て4枚引く」

一目見ただけでは強さが分からないカード。
しかし、アクションは寵臣だけを買う(出来れば他のカードは廃棄)寵臣デッキと呼ばれる戦略がある程の強カード。

寵臣デッキは、「手札に寵臣が複数あれば+2金を使い、1枚なら捨ててドローを選ぶ」を繰り返すだけで大金を生むことができ、勝利点の増えてくる後半にも力を発揮する。

ただし廃棄するカードがないとそこまで強くないので、そこはサプライと相談である。

■破壊工作員
pic1
効果:相手はデッキからコスト3以上のカードが出るまでカードをめくり、そのカードを破棄する。そのコストより2金以上低いカードを獲得する。

唯一相手の属州を破壊することの出来るカード。
しかも必ず3金以上のカードを破壊することが保証されている。

一見強そうだが、使う本人にプラスの効果がないことと、廃棄したカードの2金以上低いカードの獲得があるので(属州も金貨や公領になるので)そこまで強くはない。

■交易場
pic1
効果:手札を2枚廃棄する、銀貨を手札に加える。

廃棄+銀貨獲得(しかも手札)を行える強カード。
銅貨を2枚廃棄しても金量が減らないのが強み。

ただし銀貨獲得なので、必然的に金貨の密度は薄くなる。

試したことはないが、拷問人の防御策としても機能するのかもしれない。

コスト6

陰謀のコスト6はどちらも複合カード。
勝利点が入っているということもあり、金貨と悩む場面が多い。

■ハーレム
pic1
効果:2金、2勝利点。

金量としては銀貨と同じだが2勝利点がついている。
金貨とハーレムでは、序盤は金貨、終盤はハーレムが良く、中盤にどちらがいいかは分かりません。

■貴族
pic1
効果:+2アクションまたは3枚ドロー。2勝利点。

複合カード兼アクションが選べるカード。
効果としてはどちらも弱く効率としてはあまり良くない。

しかしアクションを増やすかカードを増やすか選べるので、コンボを繋ぐ際に事故りにくくなり引き切りデッキを作る際の強力なお供になる。

引き切り好きの方にはオススメのカード。

総評

基本に比べて廃棄するカードと強力なアタックカードが増えた印象。

それと陰謀というサブタイトルだけあって、そのカードを中心に買っていくことで加速度的に強くなるカードが増えた感じがします。
(橋、共謀者、拷問人、寵臣、公爵等)

陰謀だけだと激しい展開になりやすいので、基本セットと混ぜることでバランスが良くなる(そうなるように作られてる気もする)のではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする