お宝見つけて島から脱出!Exitシリーズ第5弾「Exit 忘れさられた島」

今回は大人気謎解き脱出ゲームExitシリーズの第5弾、「Exit 忘れさられた島」をご紹介します。

人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重 
ルール難度: やや易  やや難 
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

謎解きゲームExitシリーズの5作目。
1~3が同時に発表され、その後4~6が同時に出ています。

スマホ要らずのお手軽脱出ゲーム!エキスパート大賞受賞の謎解きゲーム「Exit 荒れ果てた小屋」
脱出の鍵は薬品の調合!Exitシリーズ第2弾「Exit 秘密の実験室」
古代エジプトの謎を解け!Exitシリーズ第3弾「Exit ファラオの玄室」
難易度は初級から中級へ!Exitシリーズ第4弾「Exit 北極の調査基地」

ルールは他と同じで、対応人数やレベルは4と同じ「1~4人、中級」となっています。

ルール

基本的なルールは今までのシリーズと同じです。
謎を解いてデコーダーを回してとある場所からの脱出を試みます。

脱出までにかかった時間と使用したヒントカードの枚数で評価が決まります。

感想とプレイ記

今回も今までと同じ6人のメンバーでプレイ。

対応人数は1~4人となってますが、前回の「北極の調査基地」も6人でやって問題なかったので今回も6人でやることに。

今回も目標はヒントを使わないこと。
クリアした時間も評価対象ですが、いつも時間内にクリアできないので今回もあまり気にせずにスタート。

序盤はいつも通り詰まりながら進んでいったのですが、中盤で途中で出てきてないのに仕掛けに気づいてしまったり、先回りして謎を解いてしまったりとちょっとしたアクシデントが。
見つけてしまった自分たちのせいではあるのですが、できれば先回りされないような謎にしてほしかったなぁと思ってしまいます。
まぁでも推奨人数より多い人数でやっているので、文句は言えないですね。

終盤はちゃんと仕掛けに気づくことができ、何とか今回もヒントを使わずにクリア。

途中で先回りもありましたし体感としては今までと比べてかなり順調だと思ったのですが、最終的にかかった時間はやはり大幅オーバーの1時間56分でした。

前回は2時間以上かかったのでそれと比べればちょっとだけ早いですが、☆10の基準が1時間なのでやはりかかりすぎですね。
序盤に登場した謎ですこし時間をかけすぎたような気がします。

序盤に出た謎がすぐに解けずに「まだヒントが出切ってないだろう」と思っていたら実はその時点で解ける謎だったんですよね。皆さんもまだ解けないと決めつけてしまわないように気を付けて下さい。

 

総合的なプレイ感は前回紹介した「北極の調査基地」と同じでした。4~6は同時に出ているので、この3作品はどの順番でやっても問題ないでしょう。

タイトルにも書いた通り宝を見つけて脱出するというストーリーなのですが、Exit のシステム上場所が移動したり敵が出てくるわけではないので、そこまでトレジャーハント感はなかったです。
そういった点はストーリー展開を楽しめる「アンロック!」との違いでもありますね。
でもそれは今回に始まったことではないので、今までの Exit を楽しめた人には全然問題なく楽しめますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする