『あれ?また勝利条件変わったの?』ルールがころころ変わる新感覚カードゲーム「FLUXX」

今回はプレイするカードによって次々にルールが変わる新感覚ゲーム「FLUXX」をご紹介します。
pic1

人数   :2~6人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆ ☆

どんなゲーム?

基本ルールは、カードを1枚引いて1枚使うだけ。
使うカードによってルールが次々に変わっていくというちょっと変わったゲーム。

これがゲームで使うカード達。
pic1
カラフルで初心者にも抵抗がないデザインがいい感じ。
カード枚数は84枚あって、驚くべきことに同じカードはありません。

pic1
プレイ人数は2~6人ですが、人数が多いと手番がまわるまでに時間がかかるので、4人までがオススメ。

ルール

ではルールの紹介を。
pic1
手番が来たら山札からカードを1枚引いて、1枚カードをプレイします。

以上です。


すごく無責任な感じですが、初めはホントにこれだけです。勝利条件すらありません。

ただ、手札のプレイによってルールが次々に変わります。
もちろん勝利条件も変わります。

手番でプレイできるカードは4種類。
まずはこの「ゴール」。
pic1
プレイすると勝利条件としてルールに追加されます。
pic1

だいたいのゴールには、何かと何かのアイテムを持っているプレイヤーが勝利と書いてあります。

そしてこれがそのアイテムカード。
pic1
プレイすることで自分の前に置くことができます。

同様にアイテムカード「月」をプレイして、
pic1

「月旅行」をプレイすると、
pic1
勝利です。
もちろんゴールカードを先にプレイしても構いません。

ゴールカードがプレイされると、ゴールは上書きされる(古いのは捨て札になる)ので、ゴールは後にプレイしたいところ。

他にもアイテムカードはたくさんあって
pic1
似ているカードのセットでゴールの組み合わせがあります。
1つのアイテムで2、3のゴールの組み合わせがあるので、アイテムは置いておいて損はありません。

勝つためにはアイテムかゴールをプレイしないといけない訳ですが、
ただ1枚ずつプレイしていてもらちが明かないので、プレイする枚数を増やしましょう。

これがその追加ルール。
pic1

プレイすると基本ルールに追加されます。

新ルールカードの左上のマークの色が同じものは上書きされます。
これで競合が起きないようになっています。

pic1
こうなると、1枚引いて3枚プレイになります。
追加ルールはプレイした瞬間に書き変わるので、3枚プレイを出したプレイヤーはあと2回プレイできます(しなければなりません)。

これで勝利条件を満たしやすくなります。
もちろん相手にも言えることですが。

他にも
pic1
引く枚数を増やすカードや
pic1
手札やアイテム枚数を制限するカード等、たくさんの種類があります。

こうやってどんどんルールを追加して
pic1
こんな感じになると
「4枚引いて3枚プレイし、手札1枚になるまで捨てて、アイテムも2枚になるまで捨て、手番順は逆回り」
というルールに。
訳が分からなくなってきますね。
でもこれがこのゲームの醍醐味。

次々に変わるルールに対応しつつ、自分が有利になるようにプレイしていくのがおもしろいところ。
pic1
例えばこの手札全部プレイ。
pic1
手札を全部プレイできる強力なカードですが

pic1
手札を全部プレイしなければならなくなるので、手札次第では相手を勝たせてしまうことも。
使うときは要注意です。

他にも
pic1
ゴールを2つ置けるようになるカードなんてのもあります。
pic1
これも相手も勝ちやすくなるので、使いどころに注意ですね。

最後にアクションカード。
pic1
アクションカードはルールではないので、プレイするとすぐに捨て札置き場に行きます。

手札交換のアクションカードを使うと誰かと手札を交換できます(そのままですね)。
自分の手札を使いきって、最後にこれをプレイして誰かから手札を奪うこともできます。

他にも
pic1
置いてあるアイテムカードをシャッフルして配り直したり
pic1
ルールをリセットしたりと、強力なものが多いです。
このアクションカードをいつ使うかもポイントになってきます。

後で使おうと大事に持っていても、手札を減らされたり、取られたりするので計画的に使っていきましょう。

感想

追加ルールやアクションによって次々と状況がかわるのが、非常に面白い。

パッケージにも頭を使うゲームとありますが、それよりもかなり運の要素が強い(下手すれば初めの1人で終わる)ので、初心者でも気軽に楽しめるのもいいところ。

ただ、勝利するときはあっさりなので、勝つときよりも途中の方がおもしろいという不思議なゲームになっています。

カードの種類は多いですが、1つ1つが難しくないので数回やればすぐに覚えられます。
運要素強いゲームが好きな人には是非オススメしたいゲームです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする