ボードゲームプレイ記:自宅ゲーム会4

ゲームマーケット2017春に行って来たので、第4回自宅ゲーム会を開催。

と言ってもあましろはゲムマで何もゲームを買ってなくて、遊んだゲームのほとんどは当日ボードゲームショップで買ったゲームになりました。

■Duplik
pic1
ボードゲーム紹介:Duplik

絵心がなくても勝てるお絵かきゲーム。
プレイヤーの1人が用意されている独創的な絵について説明し、残りのプレイヤーがその説明を聞いてお絵かきをする。
採点基準が10個用意されていて、その基準を満たしている数が得点となるため、絵のうまさが得点に比例しないようになっている。

あましろはあまり絵心がある訳ではないが、今回のメンバーの中では1番上手かったと思う。
それでも1位になれなかった。

すごく独創的な絵でも勝てるのがよいところ。
上手に描けている人が得点を取れず、下手な人が得点を取っていく様子が非常に面白い。

テレストレーションはある程度人数がいないと盛り上がりに欠けるので、このゲームは少な目の人数でも遊べるお絵かきゲーとして重宝しそう。

■ビッグチーズ
pic1

すごろくゲーと見せかけた競りゲー。
ダイスを振って一定マス進めれば勝ちなのだが、振るダイスは競りで獲得する。

山札からカードを1枚めくり競りを行う。カードは各サイコロに対応するようになっており、競りで落とすと落とすのに使ったネズミをカードの上に置く。
毎ターン1匹ずつ手元に戻ってきて、全部カードの上からなくなったらダイスを振って出た目の数だけ進む。

なるべく出目の大きいダイスを買いに行く戦略をとってみたが、上手くいかなかった。
2戦やって2戦とも勝てず。

2戦目は序盤に20面ダイスで19を出したプレイヤーがそのまま逃げ切り勝利。
ダイスゲーなのでこういったことも起こるのが面白いところだけど、競りの部分が結構シビアで面白いので、もう少しバランスが良くてもよいのかと。

■ザ・ゲーム
pic1
ボードゲーム紹介:ザ・ゲーム

2から99までの数字が書かれたカードを使う協力ゲーム。

4つの山に、2つは昇順2つは降順になるようにカードを出していき、全て出しきれたらプレイヤー全員の勝利。

結果は手札4枚残して終了。
一応9枚以下が勝利なので勝ったには勝ったが、やはり全てのカードを出す完全勝利を達成したかった。

手札がだんだん出せなくなって行く様子が面白く誰とでも盛り上がれるので、ルールの簡単な協力ゲームとして、今後もゲーム会での登場は多そう。

難易度を上げる拡張カードも入っているので、早くそれを入れて出来るくらい上手くなりたい。

■Argoat
pic1

8つの知識を集めてエデンにたどり着いたプレイヤーの勝利。
ただしマップは最初はスタート地点の周り4つしかなく、スタート地点に入る度にそのプレイヤーが1枚めくって配置する。

各マスには効果があって、移動するとその効果が発動して知識を得たりアイテムを得たり出来る。
また同じマスに止まっているプレイヤーとアイテムや知識の交換が可能。

今回のゲーム会のメインディッシュ。
2017ゲームマーケット春の新作。

ゴールとなるエデンも初めはマップになく、ゲーム中に配置するのだが、候補となるカードが4枚ありそれを裏向きに配置する。
裏向きのカードに行くと中身を確認が出来るのだが、後で確認する人程お金がかかるようになっている。

あましろは知識を集めるより早めに2枚確認する戦略をとったが、確認した場所にエデンはなく、無駄にしたターン差で負けてしまった感じ。

同じマスにいる人との交渉は知識、裏向きカードの情報、アイテムカード、お金(エメラルド)のどれでもよいというところが面白かった。
今回はその交渉を上手く使えなかったのも敗因だと思う。

今回は初めてということで、知識を集めやすい初期配置でプレイしたので、今度は上級ルールで遊んでみたい。

■Wocha
pic1

絵しりとりゲーム。
場に出された10枚のカードから最後に出されたカードにしりとりで繋がるカードを見つけて置いていく。
カードを置くのは早い者勝ちで先に4回置けたプレイヤーの勝利。
しりとりの言葉は絵から想像される言葉なら何でもよく、発想力と柔軟性が求められる。

しりとりに使う言葉は想像出来るものなら何でもいいので、ポンポン出てくるものかと思ったらそうでもなかった。

「少し時間が経って誰かからの宣言が入って「おー」という歓声があがる」の繰り返しだったので、
言葉を選ばずに思い付いた言葉をテンポよく言って、発想力を評価する感じになればもっと盛り上がったかもしれない。



今回は始めてプレイするゲームばかりだったので終始新鮮な気持ちでプレイ出来た。
たまにはこういう日もいいですね。

ただ、全てのゲームを通して1度も勝てなかったのがすごく悔しい。

次回は多目の人数で出来るゲームをやる予定です。
まぁ人数が集まればですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする