勝つためには悪魔も使役!?UNO系ゲーム「Gods’ Gambit ~神々の一手~」

今回は解消と使役の2択が悩ましいUNOライクのカードゲーム「Gods’ Gambit~神々の一手~」をご紹介します。

pic1

人数   :2~6人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆ ☆ ☆

どんなゲーム?

一言で言うとUNOのようなゲーム。
UNOとの決定的な違いはカードの効果を発動させるかをプレイヤーが選べる点。

効果を使う場合は中央に出すのではなく、自分の前に置いて、最終的にカードの数字が失点になります。

使うカードはこんな感じ。
pic1
色はUNOと同じ4色ですが、白、黒、青、赤の4色になっています。

ルール

各プレイヤーに初期手札としてカードを7枚配ります。
pic1
残りのカードを山札として中央に置いて準備完了。
pic1
適当に手番を決めて山札から1枚めくってスタートです。
pic1

出番ではカードを1枚出します。
カードの出し方は最後に置かれているカードと同じ色か
pic1
同じ数字でないといけません。
pic1
この辺りはUNOと同じなので分かりやすいですね。

※もし出せるカードがない場合は山札から1枚引きます。出せるカードがあっても1枚引いても構いません。

この中央にカードを出すことを「解消」と呼びます。
解消ではカードの効果は発揮されません。

ではどうやって効果を使うかというと、中央に出さずに自分の前に置くことで使うことが出来ます。
pic1
これを「使役」と呼びます(使役されたカードはカルマと呼びます)。

数字4のカードの効果は手札の1枚解消。
なので、カード効果で
pic1
カードを解消することが出来ます。

もちろん手札をなくすことが目標なので、1ターンで2枚減らすことが出来てお得という訳です。

ただ、1番最初に手札をなくした人以外は、その時の使役したカードと手札にあるカードに書かれている数字がそのままマイナス点になってしまうので、
使役するのか解消するのかはしっかり考えて判断する必要があります。

それとカードの使役にも同じ色か数字でないといけないというルールがあるので注意です。

カードには他人を攻撃する効果もあって、
pic1
5のカードは指定したプレイヤーに2枚ドローさせることが出来ます。

所謂ドロー2ですが、対象者を選べるので効果的に使うことが出来ます。

攻撃されたら何も出来ないかと言われるとそうでもなくて、
pic1
攻撃されたときに使役することで、攻撃を防ぐカードもあります。

さらにこのカードは使役すると自分の手番になるので、
pic1
攻撃を受けた後にすぐにあがることも出来ます。

防御は強力なカードですが、数字が大きいのとあくまで「使役」なので色と数字の条件を満たさないと使えないことに注意です。

他にはカルマを解消する効果もあります。
こんな状態のとき、
pic1
カルマを解消する効果を使って
pic1
失点を減らすことも出来ます。
pic1
※使役するカード自体はカルマになっていないので解消は出来ません。

ワイルドカードもあります。
ワイルドカードは場のカードが何色でも使えます。
pic1
解消すると場の色を好きな色に変更できます。
pic1
もちろん使役して効果を使うことも出来ます。
ワイルドカードは効果の強いものが多いですがその分数字も大きくなります。
なので解消するか使役するかを慎重に選ばなければなりません。

中には解消できないカードもあります。
それがこの背景が黒いワイルドカード。
pic1
このカードはカード効果でも解消出来ないため、あがるためには必ず使役しなければなりません。

後でも紹介しますが、解消出来ないカードは攻撃カードになっています。
このカードをいつ使うかもこのゲームの鍵になってきます。



あとはこれを繰り返していって、手札がなくなった人が出たらラウンド終了です。

あがった人以外はカルマと手札の数字の合計だけマイナス点になります。
例えばカルマがこんな感じなら
pic1
マイナス21点+手札のマイナス点になります。

あがったらマイナス0点なので、ガンガン使役してあがりを目指すのも1つの戦略です。
ただ、他の人にあがられると失点も大きくなりますが。

もし山札がなくなるまで誰もあがらなかったらどうなるのか気になる人もいるかもしれませんが、その心配はありません。

実はもう1つラウンドの終了条件があって、それがこのラッパ吹きのカード。
pic1
このカードは引いた瞬間に脇に置いておきます。
初期手札にある場合も手札から出して、その分少ない状態から始めます。

ラッパ吹きは4枚あって、これが場に4枚出るとラウンド終了になります。
pic1
なので山札がなくなることなありません。

この場合は全員失点の対象になるので、ラッパ吹きの枚数が増えてくると、あがりにいくのか、単に点数を下げにいくのかの選択が必要になってきます。

3ラウンドやってマイナス点の合計が1番少ない人の勝ちです。

カード紹介

ここからは他のワイルドカードの紹介。

■魔術師
pic1
効果は場の色を変えてカードの1枚解消。

たぶんコスト的にも最強クラスのカード。
魔術師さえあれば残り2枚になると必ずあがれます。

このカードがあるので、残り2枚のプレイヤーが出ると要注意です。

■妖精
pic1
効果はカルマを他のプレイヤーに移す。

唯一解消出来ないカードを手元から離せるカード。
上手く使えば一気に点差をつけることが出来るが、使いたいときになかなか来てくれない。

■英雄
pic1
場の色のカードを好きな枚数解消できる。

手札が何枚でも一気にあがれるロマンカード。
ただなかなか上手くいかない。

あましろがやった中で1番多くて3枚。これだけ出せれば強いがだいたいは1枚か2枚止まり。

■女神
pic1
効果は攻撃の跳ね返し。

手番にならないのでそこまで強い感じはしないが、跳ね返された方はかなりきつい。

■死霊
pic1
効果は指定したプレイヤーに4枚ドロー。

たぶん最強の攻撃カード。
2枚くらいならすぐに減らすかことが出来るが4枚になるとそうはいかない。

失点させたいプレイヤーに使っていきたい。

■邪神
pic1
指定したプレイヤーは手札が7枚になるまでカードを引く。

最高で6枚ドローさせる強カード。
と言いたいところだがそうでもない。

手札を2枚解消する効果やその他の効果で、手札3枚のプレイヤーはあがり圏内になるので、そのプレイヤーに使っても死霊と同じ効果である。

あと大量失点させたいプレイヤーにも使えない。
ちょっと残念な神。

あまりに可哀想なので、あましろがプレイするときは「邪神の攻撃は9のカードで防御されない」というルールを追加してやってたりしました。

感想

簡単なルールだが以外と駆け引きが楽しめるカードゲーム。

単にカードを出すだけに感じますが、カード効果で一気にカードを出して終了させることが出来るので、あがるかあがらないかの読みが必要に
なってきます。

特に残りが少ないプレイヤーが防御を持っているのかの読み合いが熱く、わざと攻撃させて防御で勝てたときはしてやったりです。

1ラウンドだけならその時の手札の運になってしまいますが、数ラウンドの合計勝負なので、協力してトップに失点をさせるように動くことが出来るため、運勝負にならないように出来ているのは良くできています。

とは言ってもカード次第では100点を越える失点をくらうこともあるので、もう少しバランス調整をして欲しい気もしますが、
軽く盛り上がれるタイプのゲームなので、このくらいがちょうどいいのかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする