勝つためには息を合わせないのがコツ!?初心者でも誰でも楽しめる簡単バッティングゲーム「ハゲタカのえじき」

今回は手軽に遊べるバッティングゲームの定番「ハゲタカのえじき」をご紹介します。
pic1

人数   :2~6人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

ハゲタカのえじきは、-5~10まで(0はない)の15枚の得点カードを取り合うゲーム。
pic1
得点と絵の大きさが対応しているところがいい感じです。

得点カード獲得のために使うカードは1~15まで数字がかかれたカード15枚。
pic1

6人まで出来るので、色違いで6セット入っています。
pic1

でいつもの。
pic1
2~6人とありますが人数が多い方が楽しいです。

ルール

各プレイヤーに1~15のカードを1セットずつ配ります。

pic1
手に持つとこんな感じ。
ちょっと多いですが、数字は決まっているので問題ありません。

※本番では相手にばれないよう、順番に持たない方がいいでしょう。

次に、得点カードをシャッフルし中央に置きます。
あとは
1 山札の一番上のカードをめくる
pic1
2 各プレイヤーは手札から1枚カードを選び手元に伏せる
3 全員伏せたら一斉にオープン
pic1
4 一番大きい数字を出した人がその得点カードを獲得
(画像では11を出したプレイヤー)

これを繰り返して山札がなくなったら終了で、獲得した得点の合計が大きい人の勝ち。

基本的なルールはこれだけです。


なら単純に大きい得点に大きな数のカードを出せばいいと思うところですが、
実は誰かと同じ数字を出した場合(いわゆるバッティングした時)カードを獲得できないというルールがある。
このルールが非常にやっかいで面白い。

例えば10が出たからといって大きめの数字を出しても
pic1
こうなると15と14は複数あるので、この中で最も低い13の人がカードを獲得することが出来る。
(この場合13を出した人は1でもとれますね)

そのため、相手と被らないように出すカードを読む力が重要になってきます。

得点カードがマイナスのときは一番小さいカードを出した人がカードをとります。
バッティングルールはマイナスのときも適用されるのでこの場合は積極的にバッティングさせたいところ。

ごく稀に誰もカードを取れないことがあるが、そのときは追加でカードをめくり、次の獲得者が2枚取ります。
pic1

感想

ルールが簡単で非常に盛り上がるオススメのゲームです。
特にバッティングして小さい数でカードを獲得したり、大きい数でマイナスのカードを取らされたりしたときはものすごく盛り上がります。

ただカードを選ぶだけですが、どこで攻めてどこで力を抜くのか、バッティングを読んでどう行動するのかが非常に悩ましく、
一度伏せたカード変えたりしながら悩む姿を見るだけでも面白いです。



少し気になるのは出した者勝ち感があるところ。
あからさまに15を出している人がいたら、だれも15を出さなくなるからですね。
ですが人数が多いときは結構バッティングするので、なるべく人数は多い方がいいです。


インストも楽で5人以上いるならとりあえず出して間違いないゲームです。
皆さんも一斉にオープンされるカードに一喜一憂してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする