入札額は1.5枚!?独特な入札が面白いオークションゲーム「翡翠の商人」

今回は簡単なルールながらも独特な入札方法が悩ましく面白いオークションゲーム「翡翠の商人」を紹介します。

人数   :2~5人
重さ   : やや軽  やや重 
ルール難度: やや易  やや難 
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

商人となって金、翡翠、香辛料などの商品を集めて得点を稼いでいくゲーム。

ゲームのシステムとしてはオークション。
中央に商品カードを並べてオークションでカードを獲得していきます。

欲しい枚数を徐々に少なくしていき他の人がパスをしたら宣言した枚数だけカードを獲得できます。

おもしろいのは枚数の宣言方法。
2枚や3枚といった宣言の他に「3枚とって1枚戻す」という入札が可能です。

どの枚数を言うのかどのカードを戻すのかが悩ましく面白いオークションゲームです。

ルール

まずはカードの紹介から。

カードは5種類あります。

■金

1~8の数字が書かれており、書かれている数字が点数になります。

■贋金

2~7が1枚ずつ。

書かれている数字が点数になりますが、合計がお金を上回ると0点になってしまいます。

本当のお金に混ぜて使うので、本当のお金より多いとばれてしまうからということらしいです。

■書物

A~Eが3セットとXが1枚。

A~Eの1セット集めると20点、セットから1枚欠けたものは10点、2枚欠けたものは5点、それ以外のセットは0点になります。
Xは得点計算のときに好きなアルファベットとみなすことができます。

■香辛料

1、2が4枚ずつ、3、4が3枚ずつ。

数字の合計が1番大きい人が24点、2番目は12点、3番目は6点がもらえます。

同点の場合は次の順位の得点を足して分けます。
例えば2人が同数で1位の場合は(24 + 12) /2 = 18点 もらえます。

■翡翠

種類は1種類で12枚入っています。

1枚で1点、2枚で3点、3枚で6点という風に点数が増えていきます。
12枚だと78点です。

これでカードの説明は終了です。
ここからゲームの流れの説明。

5種類全56枚のカードをシャッフルし中央に置きます。

これで準備完了。適当に手番順を決めてスタート。

ゲームは7ラウンドあり、ラウンドの開始時に山札から8枚表にして並べます。

ここからカードを獲得していきます。

カードの獲得方法はオークション。
手番プレイヤーは表になった8枚から欲しい枚数を宣言します。

次のプレイヤーは宣言された数字より小さい数字を言うかパスをします。

これを全員がパスするまで繰り返して最後に宣言した人がその枚数だけ選んで取ります。

2枚だったらこんな感じ。

獲得したカードは手元に表向きで並べていきます。

カードを獲得したプレイヤーの次のプレイヤーからまたオークションを行いカードを取ります。
このときすでにカードを取ったプレイヤーはオークションに参加できません。

これを表になったカードななくなるまで繰り返します。

表になったカードがなくなったら次のラウンドに進み、同様に8枚カードを表にします。

前ラウンドで最後にカードを取ったプレイヤーからオークションを行います。

表になったカードがなくなったらラウンド終了。
また8枚表にして、

あとはこれを繰り返すだけです。

基本的なルールはこれだけですが1つ独特なルールがあって、実は枚数を宣言するときに「3枚」や「2枚」の他に「3枚取って1枚戻す」や「1枚取って1枚戻す」というように「1枚戻す」を付けて宣言することができます。

数字の大きさとしては「3枚」>「3枚取って1枚戻す」>「2枚」>「2枚取って1枚戻す」>「1枚」>「1枚取って1枚戻す」となります。

「1枚戻す」を付けた場合は枚数は-0.5枚されると考えると分かりやすいかもしれません。

この状態で「2枚取って1枚戻す」で落札した場合、

中央から2枚選んで、

手札から1枚中央に戻します。

結果としては枚数は1枚増えて

こんな感じになります。

このように自分が集めていないカードを戻すことで中央から取得する枚数を減らすことなくの宣言を被せることができます。

ただし1枚戻すと自分の手札が減るだけでなく、中央のカードが増えるので他のプレイヤーが獲得するカードが増えることになります。
自分がどのカードを獲得したいのか他の人に渡していいカードがあるかを考えて数字を宣言していきましょう。


7ラウンド終了したら全員の得点を計算します。

最終結果がこのようになっている場合(香辛料が1番だったとして)

金(11点)+贋金(6点)+香辛料(24点)+翡翠(6点)+書籍(5点)で52点となります。

最も得点が高いプレイヤーの勝利です。
同点の場合はより勝ちの高い金カードを持っているプレイヤーの勝利です。

感想

簡単なルールで誰でもすぐに遊べるオークションゲーム。
覚えるのは各商品の得点くらいですがその得点も各カードに書かれているので、誰でもルールをすぐに覚えることができます。

また、オークションゲームですが入札がお金ではなく欲しい枚数なので、相場が非常に分かりやすいです。

オークションゲームにありがちな「見当違いな入札をして大損する」ということも起こりにくいのでオークションゲームに慣れていない人にも勧めやすいゲームになっています。

非常に簡単でまとまっているルールですが、「1枚戻す」という宣言がとてもよくできていて、どの宣言をするのか、どのカードを戻すのかの選択が非常に悩ましく面白いです。

また、自分のカードだけでなく他の人がどのカードを戻すのか読んで行動したり、他の人が戻したカードによって戦略を変えたりと、いろんな要素で考えるポイントがあるのも面白いところ。

すべての情報が見えているので行動の方針は決めやすいのですが、ゲームの後半(特に最終ラウンド)は相手のとる行動1つ1つで点数計算をしているとだれてしまいます。

1ゲームが短いのでテンポよくプレイして繰り返し遊ぶのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする