ボードゲーム紹介:「HOTIX」の定跡紹介②  ~T換わりその①~

今回はHOTIXの定跡紹介第2回。
前回は初手の紹介だけで終わったのであまり定跡っぽくなかったですが、今回からちゃんとした定跡の紹介をしていきます。

ボードゲーム紹介:「HOTIX」の定跡紹介① ~初手~

今回とから紹介するのは「T換わり」。
T換わりはその名の通りで、Tを交換する定跡。
pic1
Tを交換するところまでいけば、その後は比較的穏やかな展開になります。

※定跡と言ってますがあましろが個人で(あとコンピュータと一緒に)研究したものなので、「この局面は先手有利」とか言ってても本当はそうでないかもしれません。ご了承下さい。

HOTIXとは

アルファベット将棋HOTIXは、私あましろオリジナルの将棋ゲーム。

詳しいルールはこちらを参照です。
ボードゲーム紹介:オリジナルボードゲーム「HOTIX」

アルファベット将棋 HOTIX

アルファベット将棋 HOTIX
無料
posted with アプリーチ

定跡紹介

T換わりになるのは初手でHを出たとき。
pic1
ここで後手がTを上がってくれると
pic1
T換わりになります。

分かりやすい進行としては、ここでTを上がって
pic1
後手が取ってくれれば
pic1
無事T交換になります。
これがT換わり1つ目。
pic1

ちなみに2手目でHを上がってしまうと、
pic1
同H
pic1
同Oで
pic1
Tを出されてどこに逃げてもH打ちの詰みです。
pic1
なので後手はHを動かせません。

Hを動かすことは出来ませんが、Xを上がる手はあるので、
pic1
T換わりは後手に決定権のある戦形と言えます。


後手は4手目でTを取らずにIを出すことも出来ます。
pic1
ここで先手がTを取るのがT換わりの2つ目。
pic1
まぁこれはI成りを受けないといけなくなるので、あんまりやりたくはない感じしますが。
pic1

先手がTを交換しないでIの成りを受けるためには、Hを引くしかありません。
pic1

ここで後手がTを取るのが3つ目。
pic1
今度は後手がI取りを受けないといけなくなります。
pic1

I取りを事前に受けるために後手がIを引いて、
pic1
先手がTを取るのが4つ目。
pic1
手番は先手ですが、後手がXを前に出しているので1手損の形になっています。
pic1
T換わりの形はだいたいこんな感じ(本当はもう1つ残っているけど)。

Tを交換してからの展開はまた次回以降に解説するとして、今回はTを交換するまでの変化を見ていきます。

まずは3手目でXを出る手。
悪くなさそうですが少し危険。
pic1
TでHを取られ、
pic1
同Oに
pic1
Hを上がられます。
pic1
Oを後ろに引くと
pic1
Iを突かれてIとTの交換になって先手が悪いので、
pic1
右に引くのですが
pic1
Hを打たれ
pic1
Oを寄った後に
pic1
Iを突かれます。
pic1
同Tとして、このTを取り返してくれるならHがタダで取れるので先手が良いのですが、
pic1
HでXを取る手があります。
pic1
同Oに
pic1
Xを出られ
pic1
Tを守るために右に引いても、
pic1
Tを取られて取り返すことが出来ません。
pic1
なので左に引くわけですが、
pic1
Tを取られて詰め路。
pic1
この詰め路が受けにくく、Iを打つくらいですが
pic1
詰め路を繰り返されて先手ダメそうです。



次は4手目にTを換えずにHを取る手。
pic1
これも悪くなさそうですがうまくいきません。

同Oで
pic1
詰め路になっているので、Hを打って受けますが、
pic1

駒損覚悟でTを打ち込まれ
pic1
同H
pic1
同T
pic1
同Hで
pic1
ここでOを前に逃げる手があります。

pic1

トライ勝ちを防ぐためにはXを上がるしかありません。
pic1
ここで後手にXかHがあれば先手は必死なのですが、持ち駒はTのみ。
それでも勝てそうですが、Hを打って受ける手があります。
pic1
ここからトライさせずに詰ますのが難しいので後手ダメです。

なので4手目でHを取ることができず、T交換をするかIを出すかになる訳です。



ちなみに、最初の方で3手目にTを上がるとT換わりになると書きましたが、先手はHを引くこともできて
pic1
実はこれでもT換わりになります。

なぜなるかはT換わりその②で解説します。

アルファベット将棋 HOTIX

アルファベット将棋 HOTIX
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする