ボードゲーム紹介:「HOTIX」の定跡紹介④  ~T換わりその③~

今回はHOTIXの定跡紹介4回目。

その①、その②と続いてきた「T換わり」の最終回。
とは言ってもTを交換した後は手も広くて急に危なくなる展開もないので、進行例の紹介になります。

ボードゲーム紹介:「HOTIX」の定跡紹介②  ~T換わりその①~

ボードゲーム紹介:「HOTIX」の定跡紹介③  ~T換わりその②~

※定跡と言ってますがあましろが個人で(あとコンピュータと一緒に)研究したものなので、「この局面は先手有利」とか言ってても本当はそうでないかもしれません。ご了承下さい。

HOTIXとは

アルファベット将棋HOTIXは、私あましろオリジナルの将棋ゲーム。

詳しいルールはこちらを参照です。
ボードゲーム紹介:オリジナルボードゲーム「HOTIX」

アルファベット将棋 HOTIX

アルファベット将棋 HOTIX
無料
posted with アプリーチ

定跡紹介

まずはパターン1。

pic1
4手目で後手から交換する形から。
pic1
Tを取り返す手が2種類あって、まずはHで取り返す手。
pic1
急に悪化することはないですが、駒が動きにくいのであまりやりたくない感じ。

以下進行としては、T打ち、
pic1
Tで受けて、
pic1
H取を取って、
pic1
取り返して、といった感じ。
pic1
実はこの局面は、3手目でTを上がらずHを横に動かした時になる局面でもあります。
pic1
次の手はH打ちとか、Iを突く手とか。

それらの手を気にするのであれば、TをXで取り返してどうかといった感じ。
pic1

ちなみにTを打たれたときに、Hを取られたくないと言って引くと、
pic1
Iを突かれて、
pic1
H寄り、となって
pic1
I成りを受けつつ指すことになるのであまりオススメはしません。

次はT交換をXで取り返す手。
pic1

Tを打つ手があります。
pic1
ここで交換してしまうと、
pic1
Oで取り返されて先手悪いです。
pic1
Tで受けても、
pic1
Hを打たれて、無理やり突破されてしまいます。
pic1

こちらに打っても、
pic1
Hを打たれて、
pic1
避けても詰みです。
pic1

1番右に打っても、
pic1
今度はここにHを打たれて受けにくい。
pic1

なので、Tを打たれたときはOを寄るか、
pic1
Tで受けるくらいでしょうか。
pic1
どちらも、後手が望めばTとHを交換出来るので、Hを渡したくないのであれば先手はこの戦形を選んではいけません。

次は5手目で先手からTを換えるパターン。
pic1
同Xとして、
pic1
ここで先手はI成りを受ける必要が出てくるので、Xをだして、
pic1
同Xに
pic1
同H。
pic1
これも先手がI成りを受ける展開になるので、あまりやりたくない感じ。
まぁT交換後にHを引く手もあるので何とも言えませんが。

以下進行は、T打ち
pic1
Tで受けて、
pic1
H取りに、
pic1
同Tとしてどうか。
pic1
ここで後手がIを成ると詰んでしまうので、一応I成りは受かっています。

でもXを打たれてダメそうですが。
pic1

次はパターン3。
後手のI突きの後、先手がHで受けて後手からT交換をするパターン。
pic1
ここで後手がIを引くのではおもしろくないので、Hを打つと、
pic1
I成りを見せられてそれを受ける展開に。
pic1

もしくはTで受けて、
pic1
Hを上がったときに
pic1
ここでIを引くとパターン1で紹介した形になるので、I突きを活かすなら、Hを取って
pic1
同O
pic1
Hを上がって
pic1
Oを引いて、といった感じでしょうか。
pic1


次はパターン4。
お互いがTを上げている状態から交換するパターン。
pic1
pic1
pic1
これもTを打つ手がありますが、互角という印象です。
pic1

ここまでの解説で気づいたかもしれませんが、各パターンで違うのは、交換したときの手番とIを突いているかどうかくらい。

微妙な差に感じるかもしれませんが、それでも指す手が変わる程の差はあります。
なのでT換わりは、こういったちょっとした違いでの指し手を考えるのが好きな人にオススメかもしれません。
本将棋で言うと矢倉のイメージですかね。


最後は先手が3手目にHを引いてTを交換するパターン。
pic1
pic1
pic1
ここで後手がXを上がると、
pic1
同Xで
pic1
同Hに
pic1
やはりTを打つ手があって、
pic1
先ほどと同様にTを打って受ける手がありますが、
pic1
この場合はIを突いていないので、Xを打つ手があります。
pic1
Iを突いているかどうかでこういった違いが出てくる訳です。

なのでTを打って受けるなら左に打つ感じでしょうか。
pic1
これもまた1局で、どちらがいいか分かりません。

まとめ

「T換わり」いかがだったでしょうか。

急に悪くなる手が少なく、じっくり進行していく感じなので、そういう展開が好きな人にはオススメの戦形です。

急に悪くなる局面が少ないとは言え、パッと見て手が見えにくい局面が多いため、研究する価値はあると思います。


今回は1手1手丁寧に解説して長くなってしまったので、次回からはもう少し省略していきたいですね。

次回紹介するのは「卍定跡」。
「T換わり」とうってかわってかなり激しい展開になります。

アルファベット将棋 HOTIX

アルファベット将棋 HOTIX
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする