トーキョーの覇者になるのは誰だ!?盛り上がること間違いなしのダイスゲーム「キング・オブ・トーキョー」

今回はダイスを振って得点を得たり相手を攻撃してトーキョーの王を目指すパーティーゲーム「キング・オブ・トーキヨー」をご紹介します。

pic1

人数   :2~6人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

ダイスを振ってお互いに攻撃し合い、トーキョーの覇者を目指すゲーム。

これが使用するダイス。
pic1
数字以外も書かれている特殊なダイスです。

そしてこれが使用するキャラクター達。
pic1
東京感が出ているかどうかは分かりません。
キャラクターによって能力差はなくただ絵が違うだけです。

そしてこれが使用するボード。
pic1
トーキョーとトーキョーベイが書かれているだけの簡単なボードになっています。
このトーキョーの覇者になるのがこのゲームの目的です。

ルール

各プレイヤーにキャラクターと個人用ボードを配ります。
pic1
キャラクターはスタンドに立てて使います。
pic1
左上の数字が得点、右下の数字がライフを表します。
得点を0に、ライフを10に合わせたら準備完了です。

適当に順番を決めてスタート。

手番が来たら6つのダイスを一斉に振って、出目に対応する効果を得ます。
まずはそれぞれの効果から紹介。

■数字
pic1
1~3の数字は3つ揃うとその数字だけ得点を貰えます。
2の目が3つなら2点、3の目が3つなら3点を得ます。

4つ以上になると4つ目以降のダイスの数だけ得点が入ります。
pic1
例えば2の目が4つ出たら、2の目が3つ出たので2点と4つ目以降のダイスが1つあるので合わせて3点になります。

得点を取ったら左上の得点を回してカウントします。
pic1
数字は同じものが3つ揃わないと得点にならないことに注意です。

■ハートマーク
pic1
ハートマークは出た数だけライフを回復することが出来ます。
ライフは基本は10がマックスなので、10を超えて回復することはできません。

察しはついてると思いますが、ライフが0になると脱落になるので、適度に回復していかなければなりません。

■攻撃マーク
pic1
攻撃マークは出た数だけ相手を攻撃することが出来ます。

攻撃を受けた相手はその数だけライフを減らします。
pic1
■エネルギーマーク
pic1
エネルギーマークは出た数だけエネルギーキューブをもらうことが出来ます。
pic1
これはカードを購入するのに使います。
カードには体力を回復したり攻撃したりダイスの目を変えたりいろんな効果があります。


ここからはゲームの流れに従って説明していきます。
自分の手番ではダイスを3回振ることが出来ます。
この3回の振り方もこのゲームの面白いところ。

手番が来たら6つのダイスを一斉に振ります。
pic1
そしてその中から使いたいダイスを好きなだけ選んで横に避けておきます。
pic1
今回は得点3点を取りたいので3を2つとエネルギーを1つを残すとします。
この時1つもダイスを残さなくても大丈夫です。

選ばなかったダイスだけ振りなおします。
pic1
振ったダイスからまた使いたいものを横に置きます。
pic1
残った1つのダイスを振って、これで出目が確定します。

ダイスを振る時1度避けておいたダイスをまた振ることも出来ます。
最初で3を2つ避けておいたけど2回目で3が出なかったので、3の出目のダイスは3回目で振りなおすということが出来るのです。
pic1
3回振ったら出目をすべて確定しダイスの効果を得ます。

もし攻撃が出た場合相手を攻撃します。
ただしトーキョーにいるときはいない人全員に、いないときはトーキョーにいるプレイヤーを攻撃します。

はじめはトーキョーに誰もいないので、自分がトーキョーに入って(トーキョーにいることを支配すると言います)終了です。
pic1
※攻撃が出なかったら誰もトーキヨーにいない状態が続きます。
トーキョーに入るとボーナスで1点貰えます。

サイコロの処理が終了したら次の手番に移ります。

次のプレイヤーも3回(もちろん入れ替えありで)ダイスロールと確定を行い出目を決めます。
pic1

今度はトーキョーにプレイヤーがいるのでそのプレイヤーがダメージを受けます。
トーキョーにいるプレイヤーが攻撃を受けた時、「居続ける」か「明け渡す」かを選択出来ます。

「明け渡す」を選んだら手番プレイヤーが新たにトーキョーを支配し1点を獲得します。
pic1
「居続ける」を選んだ場合はそのまま居続けます。

あとはこれを繰り返します。
もしトーキョーにいるプレイヤーが攻撃に耐えずっと「居続ける」を選ぶ(もしくは攻撃が出ない)とトーキョーで手番を開始します。
この時ボーナスとして2点獲得します。
pic1
初めにトーキョーを支配した時の点数と合わせて3点になります。

さらにトーキヨーに居るときに攻撃が出た場合はトーキョーにいないプレイヤー全員にダメージを与えることが出来ます。
これが決まるとかなり有利にゲームを進めることが出来ます。

ただしトーキョーに居るときは回復が出来ないという制限があります。
居続けるときはしっかり攻撃を耐えられるかを考える必要があります。

自分以外のプレイヤーのライフを0にするか、最初に20点になれば勝利です。


最後にこのゲームを盛り上げるカードの紹介。
カードはボードの横に3枚だけ表にして置いておきます。
pic1
各ターンで手番プレイヤーはダイスを振った後にカードを購入することができます。

カードを購入するときは、カードの左上に書かれている数字分だけエネルギーキューブを払います。
pic1
カードが購入されたら山札から補充し、常に3枚が表向きになるようにします。

カードには破棄と持続があって、破棄のカードは購入した際に効果を発揮し即座に捨てます。持続のカードは手元に置くことが出来てずっと効果を発揮します。

もしいいカードがない場合や他人に買われたくない場合は、エネルギーキューブを2つ支払うことで場に出ているカードを流して、新たなカードを3枚出すことも出来ます。
pic1

カードにはいろいろな効果があって、相手にダメージを与えたり、ダイス目を操作したりと様々。
なんと66枚あるカードの中で同じカードはたったの2枚だけとなっているので、毎回カードの出方で様々なゲーム展開になります。

その中でも特徴的なカードをいくつかご紹介。

■さらに巨大化
pic1
ライフを12まで増やすことの出来るカード。
カード効果で上限を増やした人だけが10を超えてライフを回復することが出来ます。
pic1
■増えた頭
pic1
追加のダイスを1つ獲得できるかなり強力なカード。

唯一同じカードがあるのはこのカードです。
そのため追加のダイスは2つ用意されています。

■完全破壊
pic1
全種類の出目で9点取れる一発逆転のカード。

狙っても出ないことが多いのですが、あましろは2ターン連続で全種類を出して勝ったことがあります。



最後に。
プレイヤーが5人以上いるときはトーキョーベイも使用します。
pic1
トーキョーまたはトーキョーベイにいるときは、どちらにもいないプレイヤー全員を攻撃しますが、お互いに攻撃し合うことはありません。
(トーキョーベイもルール上トーキョーと同じ扱い)

どちらにもいない場合はトーキョーとトーキョーベイにいるプレイヤーどちらも攻撃します。

感想

まさにダイスゲーの楽しさを詰め込んだゲームといった感じ。
ダイスの出目によって戦況が変わるので、狙った出目が出たり出なかったりでかなり盛り上がります。
ダイスを3回振ることが出来しかも入れ替えが出来るので、どれを残すのかどれを振り直すかの選択がとてもおもしろいです。
また人によって残し方に性格が出るのでそれを見ているだけでも面白いです。

出目によってたくさん攻撃をくらったり、全然回復できなかったり、カード効果によってダメージを食らったりして理不尽に脱落することがあるので、それが気になる人がいるかもしれません。
まぁそういう人はダイスゲー自体やらなさそうなので、大丈夫かと思いますが。

後はカードのコストバランスが悪いのが少し気になるところでしょうか。
こちらも元からダイス運に左右されるゲームなのでそこまで気にならないとは思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする