失われた遺産はどこに!?16枚のカードが生み出す読みと戦略の物語「ロストレガシー」

どうも、あましろです。

今回はたった16枚のカードで駆け引きと推理を楽しめるボードゲーム「ロストレガシー」をご紹介します。
pic1

人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

まずはいつもの
pic1
プレイ人数は2~4人ですが、個人的には3人がベスト。4人でもおもしろいですが手番が少なくなるので。
2人はプレイヤー選択が1人に限られるので、あまり読みあいにならないです。

そしてこちらがゲームで使う全てのカード
pic1
1~8とXのカードが合わせて16枚。これだけです。

お気づきの方もいるかもしれませんが、ロストレガシーはカナイセイジさんの大ヒットゲーム「Love Letter」のシステムを踏襲して作られたゲームとなっています。

「Love Letter」では最後に一番大きい数字を持っていた人が勝ちですが、
ロストレガシーでは失われた遺産(5番のカード)がどこにあるかを当てたプレイヤーが勝利します。
pic1
これが失われた遺産。古代文明のものすごい力が秘められているとか何とか。

ルール

pic1
プレイヤーにカードを1枚ずつ配り残りを中央に置いて山札に、そして山札の隣に1枚伏せて置き(遺跡と呼びます)ます。これで準備完了です。
手番プレイかーヤーは山札からカードを1枚引き、手札2枚の内から1枚をプレイ(自分の前に表にして置く)します。
カードをプレイするとカードの効果で他人の手札や遺跡のカードを見たりできます。
例えばこんなカード。
pic1
7番「調査」は遺跡にあるカード1枚を見て手札のカードと入れかえることが出来る(入れかえなくてもよい)。
もしくはこんなカード。
pic1
8番「襲撃」は「調査」の手札版。
他人の手札を見られて更に交換まで出来る強いカード。
積極的に使っていきたいところだが
pic1
襲撃対象のプレイヤーがこの「待ち伏せ」を持っていると返り討ちにあってしまう。
(自分以外のプレイヤーが全員脱落しても勝ちです)
そのため、わざと襲撃を誘ったりする駆け引きが生まれます。これがこのゲームでの面白いところ。

これらのカードを駆使して5番のカードがどこにあるかを探っていきます。

5番のカードはプレイできないため、最終的に山札がなくなったときに5番のカードがオープンされてない状態になります。
(カードの効果で遺跡のカードが3枚に増えてます)
pic1
ここからが本当の勝負。
現在持っている手札の数字が小さいプレイヤーから5番のカードがどこにあるかを宣言していきます。当てた人の勝ちです。

「1番のひとー」「2番のひとー」という風に数字を上げていきます。
pic1
数字を上げていき4番のプレイヤーが見事遺産を的中しました。4番のプレイヤーの勝利となります。

数字の小さい人から宣言するのでどのカードを最後に残すかも考えてプレイする必要があります。数字の小さいカードは基本的に効果が強いので使いたいが残してもおきたいというジレンマがあり、それもまた面白いです。

ちなみに5番のカードを選ぶときは遺跡からだけでなく人の手札からも選べます。
そのため5番のカードを持っているプレイヤーは自分の宣言の番が回ってくれば自分の手札を指定して勝ちです。
自分が持っている場合は順番が来るまでドキドキです。

その他のカードたち

いままでで紹介してないカードからいくつか紹介。
pic1
1番「宿命の少女」は手札にあるときに見られると脱落してしまうカード。早くプレイしておきたいが1番なので持っておきたい。
後半引けると強いカード。

pic1
3番「女盗賊」は唯一途中で勝利できる可能性のあるカード。自分の手札以外ということに注意。
身内では最強のカードとの呼び声が高い。

拡張セット

実はロストレガシー1箱にもう1セット「空中庭園」が入っています。
(数字の構成は同じで効果が違います。お得ですね)
pic1
このセットではなんと5番がプレイ出来る。
効果を見て分かる通り、こちらは遺跡のどこに遺産があるかを当てる展開が多くなります。

さらに捨札にあると効果を発揮するカードがあります。
例えばこれ
pic1
何もできない上に2枚貯まると脱落という嫌なカード。

その他にも捨て札を山札に戻したりするカードや、みんなの手札をシャッフルして配り直すカードがあり、基本セットとは別のドラマが生まれます。

ちなみに2つのセットからカードを選んでオリジナルの構成で遊ぶこともできます。
また5、6人でプレイするときは全部混ぜると(5番のカードだけどちらか1枚)枚数がいい感じになります(ゲームは大味になりますが)。

感想

短い時間で読み合いや駆け引きが楽しめ毎回違う展開になるので何度もプレイしたくなります。
たまに理不尽に脱落することもありますが、すぐゲームが終わるのでさほど気になりません。むしろそれが面白かったりします。

初心者でも楽しめて持ち運びしやすいので持っていて損のないゲームだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする