これが世界で最も人気の国産ゲーム!読みと運のお手軽カードゲーム「Love Letter」

今回は世界中で大人気の国産ゲーム「Love Letter」をご紹介します。

pic1

人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

使うのは16枚のカードだけ。
pic1
山から1枚引いて1枚プレイを繰り返し、山が枯れた時に最も大きい数字を持っている人が勝ちという簡単なルール。

近年では、スターウォーズ版やホビット版、クトゥルフ版等も出ている世界で大人気のゲームです。

お気づきの人もいるとは思いますが、あましろが大好きな「ロストレガシー」シリーズの元になったゲームです。

ルール

カードをよく混ぜて各プレイヤーに1枚ずつ配ります。
残りを山札として中央に置き、1枚だけ横に置きます。
pic1
これで準備完了。

適当に手番を決めて(ルール上は付属の羽ペンを投げて先が向いた人)スタート。

手番では山札からカードを1枚引きます。
pic1
そして2枚のうち1枚を使います。

例えばこの「兵士」。
枚数は一番多く5枚入っています。
pic1
効果は誰かを指定し、兵士以外のカードを宣言します。その人が指定したカードを持っていたら脱落させることができます。

脱落したプレイヤーは手札を全て公開して、これ以上手番は来ません。

カードのプレイが終わったら次のプレイヤーに移り、あとはこれを繰り返します。
pic1
山札がなくなったら手札を公開して最も大きい数字の人が勝ちです。
pic1
今回は数字が最も大きい姫を持っているプレイヤーの勝ちです。

基本的なルールはこれだけ。
もちろん他のプレイヤー全員を脱落させても勝ち。

たったこれだけのルールですが、駆け引きや読み合いが非常に面白いゲームになっているのはカード効果があるから。

今回はいくつか抜粋してご紹介。

■騎士
pic1
誰かと手札を秘密裏に比較し、数字の小さい方が脱落します。
引き分けの場合はどちらも脱落しません。

比較するカードによってはかなりの確率で相手を脱落させることが出来たりするカード。
しかし使った後に手札がばれやすいのであまり使いたくないカードでもあります。

■僧侶
pic1
次の手番まで効果を無効にします。

効果を無効にするので、カード効果の対象を僧侶を使っているプレイヤーにすることは出来ます。
その場合効果だけが無効になるので、騎士等で効果を使いたくないときにわざと僧侶を使っているプレイヤーを指定することもあります。

■大臣
pic1
手札2枚の数字の合計が12以上になったら脱落。
プレイしても何も起こらない。

数字が大きいので出きるだけ持っておきたいが、脱落のある危険なカード。
大臣を使ったプレイヤーはその時5以上のカードを持っていないことが分かるし、5以上のカードを使ったプレイヤーは大臣を持っていないことが分かる。

■姫
pic1
捨て札に置かれると脱落。

最強の数字を持つカード。
ただしプレイ出来ないという制限付き。

最強なので兵士で狙われやすく、魔術師の効果で脱落することもあります。

■王(追加カード)
pic1
人数が5人以上のときはこの王を入れて遊びます。

王の効果は手札にあると脱落するというもの。
つまり山札から引いても最初に配られても脱落するという事故カード。

引いてしまうと何も出来ずに終わりますが、もともと引きに左右されやすいゲームなので、そこまで気になりません(むしろ盛り上がるということもあります)。

感想

たった16枚のカードで駆け引きとカード効果やドローによる盛り上がりを楽しめる傑作ボードゲーム。

ルールが簡単で時間もかなり短いので、ボードゲーム歴に関係なく楽しめる作品になっています。

たった16枚のカードしか使いませんが、大臣の効果で脱落したり、騎士や兵士の効果で思いもよらないカードが公開されたりと、毎回違った展開になるので、時間の短さも相まってリプレイ性はかなり高いです。

ロストレガシーとプレイ感はほとんど同じですが、ロストレガシーでは勝利条件が5番のカードを探し当てるとなっているため、少しだけルールが複雑になります。
ボードゲームに慣れていない人にはルールが簡単な LoveLetter の方がオススメです。

あましろは読み合いの要素の強いロストレガシーの方が好きですが、初めてボードゲームをやる人がいるときは LoveLetter をやることが多いです。


ちなみに LoveLetter にはテキストのないカードも1セット同梱されています。
pic1
カード効果を覚えた人向けですが、より雰囲気を楽しめるようになっています。
こういうサービスは嬉しいですよね。

と言ってもあましろはこのカードで遊んだことはないのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする