その仮面の下は王か判事かはたまた魔女か。自分の正体も不明な特殊能力カードゲーム「マスカレイド」

今回は自分の正体が分からないまま能力を使う駆け引きとブラフが面白いカードゲーム「マスカレイド」をご紹介します。

pic1

人数   :2人~13人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

1人に1枚ずつ配るカードの効果を使ってお金を稼ぐゲーム。

使うカードはこんな感じ。
pic1
かなり雰囲気の出ている絵になっています。
サイズはディクシットと同じくらい大きいです。

効果は単純にお金を得るものに加え、相手からお金を奪うもの等様々。

手番ではカードの交換(またはふり)が出来ますが、自分のカードを見ると手番では他のことが出来ません。
なので自分のカードが分からないまま自分の能力を使います。

もちろん嘘がばれると罰則があるので闇雲に使える訳ではありません。

ルール

人数と同じ枚数のキャラクターカードを準備します。
pic1
好きに選んでも良いのですが、人数毎にオススメのセットが用意されています。
6人用の場合は「王」「女王」「判事」「詐欺師」「司教」「魔女」の6枚。

全員に初期の所持金6金配ります。
pic1
勝利条件は簡単で、誰よりも早く13金を集めること。

全員にキャラクターカードを1枚ずつ配ってゲームスタート。
pic1
初めはカードを表向きにし、誰が何を持っているか確認します。
全員が伏せたらゲーム開始。

手番で出来るのは次の3つの内の1つだけ。
①カードを見る
②カードを交換する
③カードの能力を使う

①カードを見る。
pic1
自分のカードを見ます。
これで終わりです。

②カードの交換をする。
他のプレイヤーのカードと自分のカードを交換します。
このときワルモノ2のように交換するふりをしても構いません。
2枚のカードを机の下に持っていく等して隠し、自分だけが交換したかを分かるようにします。

※このとき交換するプレイヤーもされるプレイヤーも自分のカードを確認してはいけません。

③カードの能力を使う。
カードの能力を使います。

自分のカードを予想し「私はキングです。キングの能力を使います。」というように宣言します。
この時自分のカードを公開せずに宣言します。
これがこのゲームの1番面白いところ。

ちなみにキングの能力は銀行から3金ゲット。なかなか強力な効果です。
pic1

なら好きなキャラクターを宣言すればいいと思ってしまいますが、そうはいきません。
他のプレイヤーで自分がキングを持っていると思う人がいれば、「いや、私が本当のキングです」と対抗して宣言できます。

もし他の誰からも宣言がなければカードを公開せずに(してはいけない)能力を使えます。
ただし宣言したプレイヤーが複数いた場合は、宣言したプレイヤーのカードをオープンします。
pic1
本当にキングを持っている人だけが能力を使うことができます。

カードを公開して宣言が間違っていた場合は、裁判所に1金支払わなければなりません。
pic1
相手に効果を使わせてさらに1金失うので、しっかりと自分のカードを予想する必要があります。

ちなみに対抗して宣言するかは手番プレイヤーから時計回りに決めていきます。
なので、
「あいつが言わなかったから俺が持っているかも」
というように他のプレイヤーの宣言からカードを予測することも出来ます。

基本的なルールはこれだけで、あとは1番早く13金以上になったプレイヤーの勝ちです。
もし誰かが0金になったらそこでゲーム終了で、その時点で最も多くお金を持っているプレイヤーの勝利です。同点の場合はその点数のプレイヤー全員の勝ちです。


※自分のカードが明らかな状態でのプレイを防ぐためにいくつか細かいルールがあります。

ゲームの最初は全員がカードの中身を知っているので、初めの4手番はカードの交換しか出来ません。
なので能力の宣言が出来るのは5番目のプレイヤーからになります。

あと直前の手番で自分のキャラクターカードを公開した場合、その手番でカードの能力を使うことは出来ません。

キャラクターカード

ここからはキャラクターカードの紹介。

■王
pic1
効果:銀行から3金もらう。

単純な能力でどんな場合でも効力を発揮するかなり強力なカード。
だからこそ常に交換対象になりやすい危険なカードでもあります。

■女王
pic1
効果:銀行から2金もらう。

王と同様使い易いカード。王と比べると劣化にしか見えないが、王は狙われやすいという弱点がある。ひっそりと稼ぎたいなら女王の方がいいかもしれない。

■判事
pic1
効果:裁判所にあるお金を全てもらう。

荒れるゲームでは大活躍のカード。
罰則とカード効果ではカード効果の方が先に解決されるため、そのターンの宣言失敗のお金はゲット出来ない。

ランダムに選ぶ場合でもこのカードだけは必ず入れます。

■未亡人
pic1
効果:10金になるまで銀行からお金をもらう。

王や詐欺師によってだいたい10金が勝利に届く金額なので、そこまで一気に持っていけるのが強い。
魔女とは違って開始時点でもプラス4金なのも強み。
ただしずっと未亡人を持っていても勝つことは出来ないので注意。

お金をもらう効果なので、11金以上持っていても減ることはありません。

■道化
pic1
効果:銀行から1金もらう。自分以外の誰かと誰かのカードを交換(またはふり)する。

お金を得る効果と相手を邪魔する交換の両方を持つカード。ただしどちらの能力もそんなに強くはない。
後半になると誰かをあがらせないために能力を使わされる羽目になることがあるので注意。

ただ見た目や効果的にあましろのお気に入りカード。

■司教
pic1
効果:自分以外で最も多くお金を持っているプレイヤーから2金奪う。

安定してお金を奪うことの出来る強カード。
自分が最も多くお金を持っていても奪うことが出来るところが強い。

■魔女
pic1
効果:プレイヤーを一人選び所持金を交換する。

土壇場からの逆転が出来るカード。
ただし魔女を持ち続けていても勝つことはできない。

魔女が場にある場合は積極的にお金を稼がない方がいいときもある。

■泥棒
pic1
効果:両隣のプレイヤーから1金ずつもらう。

司教と同じ2金プラスだが、意図的にトップを止めることは出来ない。
泥棒が場にあると泥棒が隣にならないようように立ち回る必要が出てくる。

■審問官
pic1
効果:自分以外のプレイヤーを1人指名する。そのプレイヤーは自分のカードを予想して宣言し、カードを公開する。予想が外れた場合は審問官へ4金支払う。

定額で最も多くの金額が動くカード。
使えるのは8人以上の時のみ。

自分のカードはだいたい半分くらいの確率で分かるので、期待値としてはそんなに高くない。
ただし4金という数値がでかく、特に上がりのかかった審問では指名された人はかなりのプレッシャーである。

■農夫
pic1
効果:銀行から1金もらう。このターンで農夫が2枚公開されたとき1金ではなく、2金もらう。

唯一の複数公開で効果の変わるカード。
使えるのは8人以上のときのみで必ず2枚入れる。

2枚あるため少し宣言しやすい感じはするが、せっかくなら誰かの宣言に便乗したいところ。

■密偵
pic1
効果:他のプレイヤーを一人選び、カードを見て交換を行う。

カードの交換に特化したカード。お金にはならないがその後の展開を有利に進められる。
カードの中身を知っているという事実を利用してブラフが成功させるなんてこともできる。

■詐欺師
pic1
効果:10金以上持っていると勝利する。

唯一13金という制限を無視出来るカード。
序盤では少しも役に立たないので少し存在感は薄い。
誰もが未亡人とセットで3ターンキルを夢見るがなかなか上手くは行かない。

感想

まず惹かれるのはカードのデザイン。
かなり雰囲気が出ています。
グリモリアもそうですが、あましろはこういうちょっと暗めな絵柄が大好きなので、見ているだけでテンションが上がります。

ゲームのシステムとしても、よく出来ていて、自分のカードが分からなくなっていく中で疑心暗鬼になりながら効果を使う感覚は独特の面白さがあります。

カード交換が頻繁に起こると誰が何を持っているか分からなくなって、自分が持っていると思っているカードがオープンされたり、ずっと効果を使っていた人が実は違うカードを持っていたりと予想外の展開が起こるのでそこがまた非常に面白いです。

もちろん盛り上がりポイントもあって、特にオープンした全員が違っていた時の盛り上がりはすごいです。

気になるところをあげるとしたらカードをどのくらい覚えるかでゲーム感が変わるところでしょうか。

あとルールに明確に書かれているわけではないですが、他人のカードの中身は言わないようにした方がいいかもしれません。
特にゲーム終盤でお互いのカードを言い合っているとゲームが変わってしまう感じがします。

詠みや度胸を楽しむゲームなので、テンポよく何回もプレイするのがいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする