新ランドマーク登場!より多彩な戦略が可能になった拡張セット「街コロ+」

今回は世界でも評価された国産ボードゲーム街コロの拡張セット第1弾「街コロ+」を紹介します。

人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重 
ルール難度: やや易  やや難 
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

ドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートした「街コロ」の拡張セット第1弾。

新たなランドマークと施設カードが入っており、追加することでよりいろんな戦略がとれるようになります。

「街コロ」に追加して遊ぶため、遊ぶには「街コロ」基本セットが必要です。

ルール

基本的なルールは街コロと同じです。

街の発展はサイコロ運にかかっている?簡単ルールで誰でも楽しめる拡大再生産「街コロ」

基本の街コロに新規ランドマーク3種類と施設10種類を加えて全てのカードを使用して遊びます。
購入できる施設を10種類に限定するルールでも遊ぶことができます。

追加するランドマークの内1つは建設済みなので、6つのランドマークを最初に建てたプレイヤーの勝利となります。

カード紹介

ランドマーク

追加されるランドマークは3つ。

■役所

役所はゲーム開始時に既に建設された状態になります。街コロ基本セットでもあったルールなので、特に基本と変わらずルールを分かりやすくしています。

■港

港を建てると大きい出目の値を変えることができます。逆に13、14の出目を出すためには港を建てる必要があります。

また、港を建てていないと効果が発動しない施設もあります。

■空港

最大コストのランドマーク。

建てるのに苦労しますが効果はとてと強力です。序盤に建てるか終盤に建てるかは戦略次第。

施設

■寿司屋

序盤で3コインを奪うことのできるなかなか強力な施設。

準備に時間がかかるのとダイスを2つ振られると絶対に出ないのが難点。

■花畑

2つ振っても出なくはないのでそこそこ安定して効果を発揮する施設。

単体での効果は弱めなので次のフラワーショップと合わせて建てたいところ。

■フラワーショップ

花畑を1番多く建てているなら是非とも欲しい施設。ダイス1つでも2つでも出やすい目なのがいいところ。

効果が強くなるショッピングモールを早めに建てたい。

■ピザ屋

2つのダイスで最も出やすい目のコインを奪う効果がある施設。単体だと少し弱いのでこちらもショッピングモールを早く建てたい。

■バーガーショップ

コストも効果もピザ屋と同じ。出目が出る確率はピザ屋より低い。

後で出てくる食品倉庫を建てる戦略をやるなら是非とも建てたい施設。

■サンマ漁船

出目の出易さ的にかなり安定してコインを生む施設。

港が完成している必要があるが、ダイス2個振る頃には完成させられるので特に問題はない。

■食品倉庫

港を建てていれば出目は11,12になる。

ピザ屋、バーガーショップをたくさん建てて1発を狙う戦略。

■マグロ漁船

誰かが目を出せばマグロ漁船を建てている全てのプレイヤーに効果が適用されるちょっと変わったカード。

この効果で振るダイスには他の施設やランドマークの効果は使えません。

大施設

■出版社

コイン奪う戦略の対抗となる施設。

コインを奪う施設を建てられたくないので先に建ててしまいたいが、そうすると誰も建ててくれないかもしれない。

■税務署

確率も高く効果もかなり大きい施設。

10コイン以上持っている人がいなければ0コインになってしまうが、30コインの空港を建てないといけないので終盤は10コインを越すようになってきます。

感想

戦略が増えいろんな展開が楽しめるようになる拡張セット。

ランドマークが増えたことでランドマークを建設する順番の戦略も増え、長期戦を見越した戦略も必要になり基本セットとはまた違った展開がたのしめます。

すこし変わった効果の施設(マグロ漁船や税務署)はありますが、効果の分かりやすさは基本セットと同様で、初めて遊ぶ人でもすぐに理解ができるものになっています。
これが街コロのいいところですよね。

街コロの基本セットだけだとどうしても戦略が2つか3つに絞られてしまうので、ある程度街コロをやってもっといろんな戦略を楽しみたいという人には是非拡張を入れてプレイしてほしいです。

ゲームが少し長くなり戦略も増えますが、出目が出ないときの何もできない感じや序盤で差がついてしまって全然差が詰まらない感じはそのままなので、あくまで街コロが好きな人におススメしたい拡張ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする