次はどの列をリセットする?独特のリセット処理が面白い7並べ系協力ゲーム「オキドキ」

今回は独特のリセット処理が面白い7並べ系協力ゲーム「オキドキ」をご紹介します。

pic1

人数   :1~5人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆

どんなゲーム?

5色のカードを数字順に出していき全てのカードを並べることが出来たら勝利という協力ゲーム。

こちらが使うカード。
pic1
かわいい動物と楽器の絵が描かれています。

色は5色、数字はそれぞれ1~8までが1枚ずつあります。
このカードを色別に小さい順に出していきます。

各色で2枚数字をリセット出来るリセットカードが用意されていて、このリセットカードをどのように使うかがゲームの鍵を握ります。

ルール

リセットカードを2枚ずつ重ねて5列並べます。
pic1

イコールカード0~3枚を数字カードに混ぜます。
pic1
イコールカードの枚数が多いほど難易度が簡単になります。

手札として各プレイヤーに5枚ずつ(人数によって変わります)カードを配ります。
これで準備完了です。

みんなで相談してスタートプレイヤーを決めてスタート。

手番が来たら手札からカードを1枚出します。
対応する色の列に並べていきます。
pic1
カードを出したら1枚補充して手番が次のプレイヤーに移動します。

置くカードは直前の数字以上でないといけないというルールがあるので、
pic1
こんな感じでだんだん大きくなっていきます。

手番で出来ることはもう1つあって、どこかの列のリセットカードを1枚置くことができます。
pic1
その名の通りその列の数字はリセットされ、また小さい数字を出せるようになります。
pic1
リセットカードを置いたプレイヤーは手札から0~2枚のカードを山札の下に戻して、戻した枚数と同じだけ山札の上から補充します。

pic1

後はこれを繰り返して全部置くことを目指すのですが、ここからが大事。
カードの出し方にいくつか制限があります。

まず、5つの列の段が揃わないと次の段にカードをおくことが出来ません。

例えば、赤が1枚しか出ていない状態で
pic1
黄色の3枚目を置くことは出来ません。

なので3枚目のカードを置く前に全ての色のカードを2枚出す必要があります。
そのため誰がどの色を出すのかが重要になってきます。

そしてリセットカードの出し方にも制限があります。
リセットカードは格段に必ず1枚だけ並べなければなりません。
pic1
そして、前5段と後ろ5段に1枚ずつ並べなければなりません。
pic1

各段で必ず1段リセットしなければならない(1段しかリセットできない)ため、2段3段後でどこをリセットするかを決めつつ進めていく必要があります。

もちろん他の協力ゲームと同じで手札の共有に制限があって、具体的な数字を言うことは出来なくなっています。
ただ手札にある色の枚数は共有できるので、それをうまく利用して、誰がどこに置くのが最適かを話合いましょう。

ルールに従ってカードが出せなくなったらプレイヤーの負け。10段並べることが出来たらプレイヤーの勝利です。
pic1

最後にイコールカードの処理について。
イコールカードも通常のカードと同様に並べることが出来て、イコールカードの数字は直前と同じ数字になります。
pic1
リセットカードの直後に出された場合は0になります。
イコールカードを入れた枚数だけカードが余りますが、10段並べることが出来たら勝利です。

感想

かわいいイラストと簡単なルールで誰でも楽しめる協力ゲーム。

こういう数字を並べるゲームではギリギリの数字まで行ったらリセットというのが多いですが、
どこかの列を必ずリセットしなければならないため、意図的に大きめの数字を出したり出来るのが面白いです。

数字が1~8までしかなく初心者でも遊びやすいので、絵柄も相まって初心者向けのように見えがちですが、カードが少ない分情報共有によってかなり状況を把握できるので、熟練者でも楽しめる作品になっていると思います。

軽くやるとザ・ゲーム、しっかりやると花火のようなプレイ感というと分かりやすいでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする