この宣言は本気か!それともブラフか?至高のブラフゲーム「SKULL」

今回はたった4枚のタイルで行う至高のブラフゲーム「SKULL」を紹介します。

pic1

人数   :3~6人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

髑髏と薔薇のリメイク作品。
リメイクといっても、ルールに変更はなく絵柄が変わっているだけです。

これがコンポーネント一式。
pic1
髑髏と薔薇と比べてちょっとカラフルなデザイン。

人数は3~6人ですが、4人以上がオススメです。

ルール

全員にコースター1枚とタイル4枚を配ります。

タイルの構成は薔薇(花)が3枚とドクロが1枚。
pic1
絵柄は違っても構成は同じです。

配られたらコースターをドクロの面(四隅にドクロが描かれている面)を上向きにして置きます。
pic1

適当な方法でスタートプレイヤーを決めてゲーム開始。

pic1
まず手札から1枚選んでコースターの上に伏せます。
置くのはドクロでも薔薇でも構いません。

pic1
全員タイルを置いたらスタート。

手番のプレイヤーは伏せられたタイルの中に何枚薔薇があるかを予想して、
例えば2枚はありそうだと思ったら「チャレンジ2枚」と宣言します。
(実はチャレンジコール以外にも出来ることがありますが、それは後程)

次の手番のプレイヤーは2を越える数字でチャレンジを上乗せするか、降りるかを選びます。
後は全員が降りるまで繰り返します。

※1度降りたらもう1周してもチャレンジすることはできません。

全員が降りたら、最大の数を言ったプレイヤーが本当にその数だけ薔薇をめくることができるかチャレンジします。

ここで大事なのが1枚もドクロをめくってはいけないということ。

例えば、自分が言った4枚でみんなが降りたとして
pic1
こんな感じで4枚めくることができればチャレンジ成功。
コースターを裏返して薔薇の面を上にします。
pic1

もし途中で
pic1
ドクロをめくってしまった場合はその時点でチャレンジ失敗。
他の人が伏せたものが気になってもめくってはいけません。

失敗したらペナルティとしてタイルを1枚失います。
pic1
※この時失うタイルはランダムです。あましろがやる時は、ドクロを置いていたプレイヤーがランダムに1枚引くとしています。この方が盛り上がりそうなので。

手札が0枚になると脱落となりゲームに参加できなくなるので、失敗が出来るのは最大3回まで。
でもドクロを失うと不利になるのでなるべく失敗はしたくないところ。

チャレンジが成功した場合は成功した人が、失敗した場合はドクロを引かせたプレイヤーがスタートプレイヤーになって次のラウンドに移ります。

先ほど使ったタイルを手札に戻し、1枚選んでコースターに置く。
あとはこれを繰り返すだけ。
チャレンジを2回成功させる(コースターが薔薇の面の時にチャレンジを成功させる)か、他のプレイヤー全員を脱落させたら勝ち。


基本的な流れはこれだけです。
これでおもしろいのか不安になりますが、ここからが大事。
このゲームには「チャレンジする人は必ず自分のタイルからめくらないといけない」というルールがあります。

どういうことかというと、例えば自分がドクロを伏せているときにチャレンジコールをしてみんなが降りてしまったら、

自分のからめくらなければならないので
pic1
必ず失敗します。
※自分のをめくって失敗した場合は、その人が次のスタートプレイヤーを選びます。
スタートプレイヤーが有利なので基本的に自分にするのがよいでしょう。

つまり、ドクロを置いているときは自滅が恐いのでチャレンジコールをあまりしたくありません。

ということは、コールした人は薔薇を伏せていそうな気がします。
あとは分かりますね。

ドクロをめくってもらえるとスタートプレイヤーになれる(スタートプレイヤーが有利)ので、めくる気満々と見せかけてドクロを仕込んでいることもある訳です。
でも本当に薔薇を置いていてチャレンジ成功するかもしれない。

この読み合いが非常に面白い。

さらに、手番ではチャレンジコール以外にもタイルを重ねて置くということもできます。
pic1
※1度チャレンジコールが始まるとそこからは重ねることはできないので注意。

他の人よりも多く置くことができると、より多くの情報を持つことができるので有利に戦えます。

重ねて置いている場合もめくる場合は自分のからめくらなければなりません。
pic1
※このときどんなに数字が小さくても自分のタイルは全てめくらなければなりません。

なので重ねて置いていてもチャレンジコールをする人はドクロを置いていなさそうです。
ホントに置いていないかは分かりませんが。

感想

少ないコンポーネントで心理戦が楽しめるブラフゲームの傑作。

チャレンジで相手のタイルをめくる時や、自分でドクロを置いてチャレンジ数を上げるときは、心臓バクバクです。

2回チャレンジを成功することで勝てるので、ブラフゲームでたまにある「勝負に出ない戦略が強い」という状況にならないのもよいところ。

欠点はコンポーネントが少ないためにちょっと値段が高く感じるかもしれないとこですかね。


ルールが簡単でゲーム会での出番も多いので、ブラフ要素のあるゲームが好き、読み合いが好きという人は必携のゲームだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする