1番有名な宝石商を目指せ!洗練された拡大再生産「宝石の煌めき」

今回は洗練されたルールによって幅広い層が楽しめる拡大再生産ゲーム「宝石の煌めき」をご紹介します。

人数   :2~4人
重さ   : やや軽  やや重  
ルール難度: やや易  やや難  
オススメ度:★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆

どんなゲーム?

宝石商となって名声を上げていくゲーム。

手番では基本的に宝石を取るか、宝石を使って得点の付いたカードを買うかを行います。

カード上部には宝石が1つ描かれており、獲得すればその宝石もカードの購入に使うことができるので、買えば買うほど高価なカードが買えるようになります。

ルール

まずはセットアップ。

中央に宝石カード(正式名称は発展カードだったかな)を並べます。
pic1
宝石カードにはレベルⅠ~Ⅲまであり、それぞれ分けてシャッフルし4枚表向きにして並べます。
pic1
レベルが上がるに連れて得点が高くなりますが、コストも上がります。

次に、貴族タイルを人数+1枚ランダムに選びます。
pic1
今回は4人プレイの想定なので5枚並べます。

実はこの貴族達はモデルとなった実在の人物がいるらしいです。
あましろは世界史に詳しくないので分かりませんが、見たことある顔の人がいるのではないでしょうか。

最後に宝石チップを準備して終了。
pic1
宝石は5種類で、左からルビー、エメラルド、サファイア、ダイヤモンド、ブラックオニキス。
2人のときは4つ、3人のときは5つ、4人のときは7つずつ置きます。

このチップがポーカーチップくらいの重みがあって、高級感が出ています。
やっぱりコンポーネントは大事ですね。

宝石とは別に金があり、これは人数に関係なく5つ使います。
pic1

全て並べてみるとこんな感じです。
pic1


適当に順番を決めてスタート。

手番で出来ることは
①宝石チップの獲得
②宝石カードの購入
③宝石カードの確保
の3つの内からどれか1つ。

①宝石チップの獲得
中央から宝石チップをもらいます。
宝石の取り方は2種類あって、違う3種類を1枚ずつとるか
pic1
同じ種類を2枚とるかのどちらか。
pic1
同じ種類を2枚とるのはその宝石が中央に4枚以上あるときのみ可能です。

宝石の所持数には限度があり、10枚までしか持つことができません。
そのため、宝石チップを獲得した後に11枚以上持っている場合は10枚以下になるように中央に還さなければなりません。

あと、もちろん中央にない宝石はとることが出来ません。

②宝石カードを購入する
中央に置いてあるカードか手札(後述)から宝石カードを1枚購入することができます。

購入するときはカードの左下に描かれているだけの宝石チップを支払う必要があります。
(支払ったチップは中央に還します)

例えばこのカードを購入する際には
pic1
エメラルドが2個、ルビーが1個必要になります。
購入したカードは自分の前に置いておきます。

pic1
カードを購入したら山札からカードを補充して常に各レベルのカードが4枚表になっている状態にします。

カードの左上に描かれている数字は勝利点になっており、基本的にはこれを15点集めた人の勝ちになります。

もちろん勝利点が高いカードほど購入に必要なチップが多く、
pic1
最も点の高い5点のカードは7個と3個の組み合わせ。

手持ちのチップだけで払うのは厳しいですが、購入したカードの上に描かれている宝石も購入時に使うことが出来るで、それを利用して購入を目指します。

pic1
例えば右下のエメラルドのカードを買うときは、購入したカードがなければ7枚のチップが必要ですが、
オニキスとサファイアを2枚ずつ、ダイヤモンドを1枚持っているので、ダイヤモンドとサファイアを1ずつ個支払うだけで、購入することが出来ます。

はじめはレベルⅠのカードですら買うのに苦労しますが、後半はレベルⅢのカードも買えるようになり、レベルⅠやⅡのカードを無料で買えるようになります。

このだんだんと生産力が向上していく感じが楽しいですよね。

③宝石カードの確保
中央に出ているカードを手札として確保することができます。
pic1
確保したカードは他人に見せないように持っておいて、手番で購入を選び手札から出すことで購入することが出来ます(もちろん必要なチップを支払います)。

おまけで確保した際に金チップを1枚受けとります。
pic1
※金チップも宝石として数えるので11枚以上になるときは10枚以下になるように捨てなければなりません。

この金チップは購入時に好きな宝石と見なして購入することができます。いわゆるワイルドカードですね。

宝石の確保が重要となるゲームなので、何の宝石にもなる金チップはとても強いです。

確保するときの注意点としては、
金チップが中央にないときはもらうことができないことと、手札は3枚までしかもてないこと。
1度確保したカードは購入しなければ手放すことは出来ないので、むやみに確保しているとすぐに確保出来なくなります。

それとカードの確保は山札の1番上からも行うことができます。
山札からの確保の利点としては、中央に欲しいカードがないときに無駄な宝石を払わなくてよい点と、確保しているカードが知られないという点。

もちろん博打ではあるので全く必要ないカードを引いてしまうこともありますが。



後はこれを繰り返して15点を目指します。
得点はカードの点数以外に貴族ボーナスがあります。

手番の終了時に場に出ている貴族タイルに描かれているカードを購入していると、その貴族タイルを獲得することができます。

例えば、
pic1
オニキス、サファイアを3つずつ、ダイヤモンドを2つ持っているときに、ダイヤモンドのカードを購入すると、
pic1
サファイア、オニキス、ダイヤモンドが3つずつになるので、
pic1
この貴族タイルを獲得できます。
貴族タイルは全て3点です。

貴族タイルは補充されず確保もできないので完全に早い者勝ちです。

そのため、自分が狙っているタイルを取られないように中央のチップをコントロールしたり、カードを確保したりする必要があります。

※もし同時に2つ以上の貴族タイルの獲得条件を満たした場合は、その中から1枚選んで獲得します。
獲得しなかったタイルは次の手番終了時に(残っていれば)獲得できます。

この貴族タイルがあることで、
得点の高いカードを買うために片寄らせてカードを買う戦略と、貴族タイルを狙ってバランス良くカードを購入する戦略が出てくるので、
どちらで(もしくは両方で)行くか毎回悩ましいです。

購入したカードと貴族タイルの得点を合計して15点以上になった人が出たラウンドで終了。
なので、全員同じ回数手番を行うことができます。
pic1
最も得点の高い人が勝ちです。
同点の場合は購入したカードの枚数が少ない人の勝ちです。

感想

ルールがすっきりとしていてかつ先を読む力も試される、初心者から熟練者まで楽しめる作品。

複雑なカード効果もなく、購入して増える宝石も1つなのでかなり見通しは良くなっています。
貴族タイルが全て3点なのもそのためなのでしょう。

最初に公開されるカード(特にレベル3)と貴族タイルを見て筋道を立てつつ、ゲーム中に変化していく状況に対応していく感じは、カタンやドミニオンを彷彿させます。
やっぱりゲーム毎に方針を考えるゲームは楽しいですね。

わいわい楽しむことも出来るし、ガチガチに読み合うことも出来るゲームなので幅広く活躍してくれるゲームですが、
逆にみんなの楽しみ方にばらつきがあると、(直前のプレイヤーがチップをすぐに使う人だと、有利になったりするので)楽しめない人が出てくるかもしれないので、そこは気を付けた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする